ホームサイバー犯罪対策>インターネットバンキングをねらう新しいフィッシング手口にご注意!

インターネットバンキングをねらう新しいフィッシング手口にご注意!

現在、多くの金融機関がサービスを提供している「インターネットバンキング」ですが、その利用者を狙い、個人情報を盗み取ろうとする新しい「フィッシング」の手口が発見されました。

一部金融機関のホームページにおいて、インターネットバンキングのログイン画面を開き、お客さま番号などを入力してログインすると、不正な画面が開くというものです。

確認された例では、この不正な画面には「システムのメンテナンスや機能の向上のためにお客さま情報の再入力をお願いします。」などと記載されており、「第2暗証」、「質問、合言葉」、「インターネット用暗証番号」などの入力フォームが表示されます。

各金融機関とも、このような画面は設定しておらず、送金手続きをする場合などを除いて、一度ログインした後に、再度、暗証番号などの入力を求めることはないとのことですので、個人情報を狙う者が、表示させているものと思われます。

このような、普段見ることのない画面が現れても、決して慌てることなく、暗証番号などを入力したりしないでください。
 各金融機関では、「お知らせ」等として、今回の現象について説明していますので、これらの情報を確認していただき、それでも不安な場合や、万一、不正画面に情報を入力してしまった場合には、各金融機関の電話番号を調べた上で、直接、電話して以後の対応を相談して下さい。

原因はまだ不明ですが、各金融機関のコンピュータに異常はなく、一部の利用者のみに見られる現象ですので、利用者側のコンピュータが、何らかのウイルスに感染しているのではないかと考えられます。ご使用のコンピュータがウイルスに感染している可能性もありますので、万一に備え、ウイルス対策ソフトを導入して、最新の状態に更新し、コンピュータのウイルスチェックを確実に行って下さい。

なお、フィッシングに関するご相談は、警察でも受付けておりますので、最寄りの警察署、またはお住まいを管轄する警察本部の相談窓口へご連絡ください。

フィッシング被害防止のための対策については、「フィッシングにご注意!」をご覧ください。

サイバー犯罪対策へ