ホームサイバー犯罪対策>フィッシングにご注意!

フィッシングにご注意!

フィッシング(詐欺)とは

単に「フィッシング」、又は「フィッシング詐欺」と呼ばれ、英語では「Phishing」と表記されます。

有名企業や会員制ウェブサイトなどを装い、偽のサイトを作ったり、偽のサイトへのリンクを貼り付けたメールを送ったりしてインターネットを利用している人たちをだまし、主に、IDとパスワード、そのほか、クレジットカード番号や銀行の預金口座などの個人情報を入力させ、盗み取る行為です。

こうして盗み取られた個人情報は、単に現金を盗み取るために使われるだけでなく、コンピュータへの不正アクセスや、違法な取引に使われたり、第三者に転売されたり、様々な犯罪に利用されるおそれがあります。

フィッシングの手口は、年々、巧妙かつ悪質になっており、被害も増加していたため、平成24年に、不正アクセス行為の禁止等に関する法律が改正され、法律で禁止されるとともに、罰則も設けられました。

フィッシング対策

  • アドレスバーのURLを確認する
     アドレスバーに表示されるURLを確認することは、偽サイトを見破る有効な手段です。
     普段訪れているサイトのアドレスと明らかに違うときなどは、偽サイトにアクセスしている可能性を疑ってみましょう。
  • HTTPSと鍵マークの存在を確認
     正規に個人情報の入力を求めるページであれば、通信が暗号化されている場合がほとんどです。この場合、URLは「https://」で始まり、画面には鍵(錠前)のマークが表示されます。
     入力画面のURLが「https://」で始まっているか、鍵(錠前)のマークが表示されているか、確認してみましょう。
  • 電子証明書
     通信が暗号化されている場合、鍵マークをダブルクリックすることで「電子証明書」を表示することができます。
     電子証明書は、ブラウザによって検証がなされています。電子証明書が、現在開いているページのURLと一致しているか、証明書の有効期限は切れていないか、証明書の発行元は信頼できる組織かといった点について自動的に確認し、危険と判断された場合には警告が表示されます。
  • 考える「ゆとり」を持ちましょう
    フィッシングメールが送られてきた場合、電子メールには「今すぐに」とか、「情報が漏洩している」などとかかれています。電子メールを受け取った人を急かし、焦らせるためですが、実際にこのような電子メールを受け取っても慌てる必要はありません。考える「ゆとり」を持ち、家族や友人に相談したり、サービスを運営している会社に直接電話して確認してから、どのように行動するかゆっくり決めましょう。

110番フィッシング警察ではフィッシングに関する情報提供も受け付けています。
 フィッシングではないかと疑われるサイトを見つけたり、電子メールが送られてきたりした場合、また、フィッシング被害にあってしまった場合は、お住まいを管轄している警察の相談窓口に相談ください。
 また、左のリンクから、警察本部へのご意見・ご要望入力フォームもご利用いただけます。