ホームサイバー犯罪対策>サイバーセキュリティ月間

サイバーセキュリティ月間

平成30年2月1日から3月18日は、政府主催の「サイバーセキュリティ月間」です。

サイバーセキュリティ月間

 

サイバーセキュリティ月間ポスター

誰もが気軽にインターネットを利用できる世の中になりましたが、安全に、安心して利用するためには、「サイバーセキュリティ」に関する最低限の知識と普段からの注意が不可欠です。

 政府では、国民一人ひとりがサイバーセキュリティへの関心を高め、必要な対策をとることができるよう、毎年2月1日から3月18日までを「サイバーセキュリティ月間」として、関係機関とともにその普及啓発を強化しており、警察においても、犯罪被害の防止をはじめとしたサイバーセキュリティに関する広報啓発活動を推進しています。

月間を機会に、安全に、安心してインターネットを利用できるよう、サイバー空間の脅威とサイバーセキュリティのための対策について理解を深めましょう。

キャッチフレーズ

「知る」
   安全・安心・便利なインターネット環境を構築するためのポイントを「知る」こと。

「守る」
   サイバーセキュリティ上の脅威から身を「守る」こと。

「続ける」
   移り変わるサイバーセキュリティ上の脅威に対して対策を「続ける」こと。

みんなでしっかりサイバーセキュリティ(NISC)

情報セキュリティ対策9か条

  • OSやソフトウェアは常に最新の状態にしておこう
     新たにひろまるコンピュータウイルスに対抗するため製造元から無料で配付される最新の改良プログラムにアップデートしましょう。
  • パスワードは貴重品のように管理しよう
     パスワードは自宅の鍵と同じく大切です。パスワードは他人に知られないように、メモをするなら人目に触れない場所に保管しましょう。
  • ログインID・パスワード 絶対教えない用心深さ
     金融機関等を名乗り、銀行口座番号や暗証番号、ログインIDやパスワード、クレジットカード情報の入力を促すような身に覚えのないメールが届いた場合、入力せず無視しましょう。
  • 身に覚えのない添付ファイルは開かない
     身に覚えのない電子メールにはコンピュータウイルスが潜んでいる可能性があります。添付されたファイルを開いたり、URL(リンク先)をクリックしないようにしましょう。
  • ウイルス対策ソフトを導入しよう
     ウイルスに感染しないように、コンピュータにウイルス対策ソフトを導入しましょう(家電量販店などで購入できます)。
  • ネットショッピングでは信頼できるお店を選ぼう
     品物や映画や音楽も購入できるネットショッピング。詐欺などの被害に遭わないように信頼できるお店を選びましょう。身近な人からお勧めのお店を教わるのも安心です。
  • 大切な情報は失う前に複製しよう
     家族や友人との思い出の写真など、大切な情報がパソコンの故障によって失われることのないよう、別のハードディスクなどに複製して保管しておきましょう。
  • 外出先では紛失・盗難に注意しよう
     大切な情報を保存したパソコン、スマートフォンなどを自宅から持ち出すときは機器やファイルにパスワードを設定し、なくしたり盗まれないように注意して持ち歩きましょう。
  • 困ったときはひとりで悩まず まず相談
     詐欺や架空請求の電子メールが届く、ウイルスにより開いているウェブページが閉じないなどの被害に遭遇したら、一人で悩まず各種相談窓口に相談しましょう。

 

サイバー犯罪対策へ