ホームサイバー犯罪対策>メールで送られてくる、身に覚えのない請求について

メールで送られてくる、身に覚えのない請求について

最近、「利用した覚えのない有料電話情報、ツーショットダイヤル、ダイヤルQ2と称する情報料金等を請求するダイレクトメール、電子メール等が届いたがどうしたらいいでしょうか。」という相談、情報等が数多く寄せられています。

内容は有料アダルト番組提供会社から、未納利用料金の債権譲渡を受けたと称する債権回収業者より「ダイレクトメールや電子メールで利用料金の請求を受け、期限までに入金されなければ自宅まで請求に行く。その時は交通費も含めて請求する。」等というものです。

これらのダイレクトメールや電子メール等については、その記載内容が同じというケースがほとんどで、根拠のない請求書を不特定多数の人に大量に送付しているものと思われます。

対処方法

  •  利用していない電話情報料を支払う必要はありません。
  •  利用したことがあっても、有料番組提供会社からの債権譲渡通知を受けていなければ、債権回収業者へは支払う必要はありません。
  •  債権回収業者に、電話やファックス、メールなどで連絡をとることは個人情報を相手に知られてしまうことになるので避けてください。
     今後、業者から電話があったら、「利用していないので払わない」とはっきりと伝えましょう。
  •  万が一自宅等に「回収員」が来た場合は、その「回収員」に根拠を明らかにさせる裁判所、弁護士などを通して請求するように申し向ける等の措置をとり、脅しや悪質な取り立てを受けた場合は、すぐに110番するか、最寄りの交番、駐在所、警察署にご相談ください。
  •  メールマガジンの購読やインターネット上のアンケート等で、自分のアドレスを安易に明かさず、必要であればフリーメールのアドレスを使用することをおすすめします。

【身に覚えのないダイレクトメール・電子メールの文例】

この度は、過去にあなた様が使用された電話回線から接続されたアダルトサイト利用料金について、運営業者より未納利用料金に関する債権譲渡を受けましたので、私共が、未納利用料金の回収作業を代行させて頂くことになりましたので、ご連絡させていただきます。
 現在は、下記に記載の利用料金が未納となってますので、遅延損害金および回収代行手数料も含めて、○月□日午後△時までの振り込みを、お支払い期限として下記に記載の指定口座まで、御入金して頂くようお願い申し上げます。
      合計お支払い金額 20,200円
(内訳) 未納利用料金 11,000円
遅延損害金 2,950円
請求の回収代行手数料 6,250円
    《振込先口座》
 ◇□△銀行東京支店 ○○○○名義
 普通口座123456
※ 速やかに御入金していただけない場合は、あなた様の登録情報及び個人情報を含めて、私共から各地域の債権代行関連業者及び最寄りの関連事務所へ債権譲渡を致しますので、最終的に集金専門担当員を御自宅などに訪問させて頂きます。
 その際には、交通費、人権費を加算して、約10倍の請求をさせて頂く場合がございますのでお忘れなく御入金下さい。
運営業者 ○○回収機構 担当 ○○
TEL 03−0000−0000
FAX 03−0000−0000