ホームサイバー犯罪対策>テレワーク勤務におけるサイバーセキュリティ対策を!

テレワーク勤務におけるサイバーセキュリティ対策を!

 新型コロナウイルスの感染拡大により、勤務形態が会社への出勤から自宅等でのテレワークに変更になった方もいらっしゃると思います。
 テレワークは、コンピュータやインターネットを使用して時間や場所を有効に活用する働き方です。
 しかし、テレワークの環境で適切なサイバーセキュリティ対策が取られていない場合

コンピュータウイルスに感染して重要な情報が盗まれる危険性

があります。
 職場ではサイバーセキュリティ対策を取っていた方も自宅等でのテレワーク環境では対策が不十分という場合も考えられます。
 被害防止のため、適切なサイバーセキュリティ対策を徹底しましょう。

サイバーセキュリティ対策

  • テレワークで使用するパソコン、タブレット、スマートフォン

    1 OSやソフトウェアは常に最新の状態にする。
    サポートが終了しているOSは使わない。
    2 ウイルス対策ソフトを導入する。
    利用前及び定期的にウイルススキャンを実施する。
    3 不特定多数が利用するパソコンの使用は避ける。

  • 自宅のWi−Fiルーターを使用する場合

    1 ルータのファームウェアを最新のものにアップデートする。
    2 ルータの管理用IDとパスワードが初期設定のままの場合、
    外部から不正アクセスされるおそれがあるので変更する。
    3 暗号化では、WPA2、WPA3の暗号化方式を使用する。
    WEPの暗号化方式は、容易に解読されるため使わない。

  • 不審なメールの添付ファイルやURLに注意

    送信者や文面に注意して、不審なメールの
    添付ファイルを開かない。
    本文中に記載のあるURLをクリックしない。

  • 各種パスワードの使い回しは避け、他人に推測されにくいものにする。

    1 他のサービスと同じパスワードを使用すると、そのパスワードが流出した場合、他人に不正アクセスされる危険性がある。
    2 簡単なパスワードは、他人に推測されて不正アクセスされる危険性がある。