ホーム運転免許に関するご案内>準中型免許が新設されました

準中型免許が新設されました

【平成29年3月12日から】

改正道路交通法が平成29年3月12日(日)に施行されました。

1 新設される準中型免許の概要

準中型免許の概要を参照してください。>

2 施行日前(平成29年3月10日(金))までに取得した普通免許

第1種普通免許は平成29年3月12日(日)以降、5トン限定の条件付きの第1種準中型免許として扱われます。また、第2種普通免許は、5トン限定の第2種中型免許となります。 
 ただし、運転免許証への表示は、平成29年3月12日(日)以降に作成、交付(更新、再交付等)する運転免許証からですので、改めて手続きをする必要はありません。
 (たとえば、運転免許証を更新するまでは、普通免許と表示されたままですが、車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満までの自動車は運転できます。)

3 現在、教習所で普通免許を教習中の方

教習所を卒業し、かつ、施行日の前(平成29年3月10日(金))までに運転免許センターでの運転免許試験に合格しないと5トン限定準中型免許にはなりません。
 施行日以降に合格した場合は、新制度の普通免許となり、運転できる自動車は、車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満の自動車となります。

4 就業等で貨物自動車(車両総重量5トン以上)の運転が必要な場合

平成29年3月10(金)までに普通免許を取得し、限定解除審査を受ける方法があります。
 (たとえば、普通免許取得後、教習所で4時限の技能教習を受け、限定解除審査に合格すれば、条件なしの準中型免許となり、車両総重量7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満までの自動車が運転できます。)

5 自身の運転免許証でどこまでの自動車が運転可能か

運転する自動車の自動車検査証で車両総重量、最大積載量を確認してください。
 これのいずれか一つでも超えた自動車を運転すると無免許運転違反となり、免許の取消し対象となりますので、注意してください。

6 8トン限定の中型免許

現行どおり車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満の自動車が運転可能です。