ここから本文です。

更新日:2016年1月17日

備蓄

普段の対策

 

 

 

 

○非常時に備えて最低3日分(※)の備蓄をする
<日用品>携帯ラジオ、予備の電池、多機能ナイフ、ライター、トイレットペーパー、ビニールシート、  携帯用カイロ、備蓄とちまる新聞紙、生理用品など
<救急用品>包帯、消毒液、風邪薬、ばんそうこうなど
<衣類>タオル、下着、雨具、防寒具など
<貴重品>現金(小銭も多めに)、印鑑、預金通帳や保険証のコピーなど
<食料品>缶詰、乾パン、飲料水(1人1日分の目安は3リットル)
※備蓄に適した食料…上記以外ではレトルト食品、アルファ化米、お菓子等
<その他>我が家に必要なもの(高齢者や赤ちゃんの用品など)
 
※災害発生から3日を過ぎると生存率が著しく下がります。人命救助が最優先となるので、まずこの3日間を自力で乗り越える準備が必要です。

 

 

お問い合わせ

危機管理課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

電話番号:028-623-2136

ファックス番号:028-623-2146

Email:kikikanri@pref.tochigi.lg.jp

消防防災課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

電話番号:028-623-2132

ファックス番号:028-623-2146

Email:syoubou@pref.tochigi.lg.jp