ホーム > くらし・環境 > 危機管理・防災ポータルサイト > 関東・東北豪雨災害情報 > 平成27年台風第18号に伴う被災地支援を行う車両の有料道路の無料措置について

ここから本文です。

更新日:2015年9月17日

平成27年台風第18号に伴う被災地支援を行う車両の有料道路の無料措置について

  平成27年台風第18号に伴う災害に際し、栃木県内の被災地支援等を目的とする車両(対象車両は下記3を参照)に対して「災害派遣等従事車両証明書」を交付します。
 高速道路等有料道路の料金所を出る際に、本証明書を料金所に御提出いただくことによって、有料道路の通行料金について無料措置が講じられます。詳細は下記のとおりです。

 

1 期間

  平成27年9月15日(火)から11月4日(水)まで

  ※予定どおり、11月4日(水)をもちまして、終了しました。  

 

2 有料道路料金の無料措置が講じられる路線

(1)東日本高速道路株式会社の管理する路線

(2)中日本高速道路株式会社の管理する路線

(3)首都高速道路株式会社の管理する路線

(4)栃木県道路公社の管理する路線

(5)西日本高速道路株式会社の管理する路線

(6)阪神高速道路株式会社の管理する路線

(7)本州四国連絡高速道路株式会社の管理する路線

 

3 対象車両

(1)自治体が栃木県において災害救助のために使用する車両

(2)災害救助を行うボランティア活動であって、栃木県で被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

 

4 証明書発行手続き及び使用方法

 (1)栃木県内の被災地域において、社会福祉協議会等のボランティア受け入れを行っている団体へ「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」(別紙1)を直接、またはファックス及びメール等で提出します。(ボランティアの場合)

 (2)認定を受けたら、別紙1と共に、「災害派遣等従事車両証明の申請書」(別紙2)を最寄りの各都道府県庁及び市区町村役場へ提出し、「災害派遣等従事車両証明書」(以下、証明書)を必要枚数分受け取ってください。

 (3)証明書は、精算する料金所ごとに、車両1台ごとに1枚必要となります。例えば、東日本高速道路株式会社が管理する経路のみを使用し、ある経路を2台の車両が往復する場合は、計4枚の証明書が必要になります。またETCレーン及びスマートICの利用は出来ないため、出入口とも一般の料金所を利用し、入口では通行券を受け取り、出口では料金所に証明書と通行券を提出してください。

 

5 その他

 証明書の発行依頼は、栃木県内各市町及び各都道府県へお願いしております。

 

申請書のダウンロードはこちらから

別紙1:「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」(PDF:100KB)

別紙2:「災害派遣等従事車両証明の申請書」(PDF:89KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理課 災害対策担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

電話番号:028-623-2695

ファックス番号:028-623-2146

Email:kikikanri@pref.tochigi.lg.jp