ホーム > 教育・文化 > 学校教育 > 高等学校 > 高等学校等修学資金の貸付制度について

ここから本文です。

更新日:2013年5月20日

高等学校等修学資金の貸付制度について

  1. 貸与を希望する方へ
  2. 貸付が終了した方・返還中の方へ

 1 貸与を希望する方へ

貸付制度の概要

高等学校等に在学する方で、勉学の意欲があるにもかかわらず、経済的理由により修学が困難な生徒に対して修学資金を貸与し、教育機会を確保することを目的としています。 

貸与の対象者

  • 高等学校、中等教育学校の後期課程又は高等専門学校に在学していること。
  • 両親等の生計維持者が県内に住所を有すること。
  • 経済的理由により修学が困難な生徒であること。
  • 独立行政法人日本学生支援機構の奨学金、公益財団法人栃木県育英会の奨学金、母子及び父子並びに寡婦福祉法による修学資金等の貸与を受けていないこと。

募集期間(平成29年度)

平成28年度の募集期間は、次のとおりです。

希望する方は、在学する学校の担当の先生へ申請書類を提出してください。

平成29年6月1日(木曜日)から6月15日(木曜日)まで

  • チラシ
  • 募集案内及び申請書類 とちまるくんの画像 (各学校へ配布してあります)

 

 2 貸与が終了した方・返還中の方へ

皆さんからの返還金が、新たな借受者の修学資金として貸与される仕組みとなっています。

自覚と責任を持って必ず返還しましょう。

詳しくは、貸与終了時にお渡ししました「栃木県高等学校等修学資金 返還の手引き」をご覧ください。

届出様式

事由

様式

連帯保証人に変更があったとき

保証人変更届(別記様式第4号)(PDF:34KB)

記載例(PDF:423KB)

返還猶予を希望するとき

返還猶予申請書(別記様式第6号)(PDF:36KB)

記載例(PDF:468KB)

返還猶予の要件に該当しなくなったとき等

届出書(別記様式第8号)(PDF:26KB)

記載例(PDF:357KB)

借受者または連帯保証人の氏名・住所または電話番号に変更があったとき

変更届(別記様式第9号)(PDF:28KB)

 記載例(PDF:423KB)

返還方法の変更を希望するとき

返還方法変更願(別記様式5)(PDF:39KB)

 記載例(PDF:439KB)

記載例(一括返還)(PDF:339KB)

口座振替を希望するとき

総務課へご連絡ください(様式を郵送します) 

それぞれ必要な添付書類を添えて提出してください。

 

返還猶予制度について

問い合わせ先

栃木県教育委員会事務局総務課 電話:028-623-3355

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南別館4階

電話番号:028-623-3354

ファックス番号:028-623-3356

Email:soumu@pref.tochigi.lg.jp

広告