ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 平成31(2019)年度公立学校職員定期異動方針について

ここから本文です。

2018年10月11日発表

平成31(2019)年度公立学校職員定期異動方針について

 平成30(2018)年10月11日の栃木県教育委員会において、平成31(2019)年度公立学校職員定期異動方針を次のとおり定めました。

平成31(2019)年度公立学校職員定期異動方針

平成30(2018)年10月11日
栃木県教育委員会

 平成31(2019)年度公立学校職員の定期異動に当たっては、適材を適所に配置して、職員組織の充実と職員の勤務意欲の高揚及び資質の向上を図り、もって本県教育の刷新向上に努めるものとする。
 このため、下記により円滑かつ適正な人事異動を行うものとする。

1 人材を抜擢して人事の刷新を図る。
2 人事異動を職員の資質向上のための機会ととらえ、人材の育成を重視した職員配置に努める。
3 勤務実績、年齢及び同一校勤続年数等を考慮して、適材を適所に配置する。
4 学校間の職員構成の均衡を図る。
5 小学校、中学校、義務教育学校間及び高等学校、特別支援学校間の人事の交流に努める。
6 小学校、中学校及び義務教育学校においては、広域にわたる人事の交流を推進し、職員構成の全県的な均衡を図る。
7 小学校、中学校及び義務教育学校においては、へき地教育及び特別支援教育の振興のため、適正な職員配置に努める。
8 県立学校においては、地域相互間、学科間及び課程間の人事の交流に努める。
9 新規採用職員については、地域及び学校間の職員構成を考慮して、適正に配置する。

お問い合わせ

教職員課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南別館3階

電話番号:028-623-3386 3396

ファックス番号:028-623-3393

Email:kyoushoku@pref.tochigi.lg.jp

広告