ホーム > 教育・文化 > 学校教育 > 児童・生徒指導 > 児童生徒指導推進室

ここから本文です。

更新日:2016年10月29日

児童生徒指導推進室

1 児童生徒指導推進室の役割

    児童生徒が直面している様々な問題の原因を探り、その解決に向けた対策を行うとともに、児童・生徒指導の推進体制を整備・充実し、各学校を支援しています。

2 児童・生徒指導とは

    児童・生徒指導は、児童生徒の個性・社会性を伸ばし、将来における社会的自立や自己実現に向けた自己指導能力の育成を目指す指導・援助を、学校の特質である集団活動を中心としながら、学校全体で進めることです。
特に、本県においては、それぞれの学級を「学びに向かう集団」に高めながら、児童生徒一人一人が自らの力で様々な不適応を解消し、意欲的に学習活動に取り組むための「学業指導の充実」に取り組んでいます。また、子どもたちが、健全な発達を遂げる上で、それぞれの発達の段階において身に付けておくべきもの、いわゆる「発達課題」に焦点を当て、自己指導能力の育成を目指しています。

3 自己指導能力とは

    自己をありのままに認めること(自己受容)、自己に対する洞察を深めること(自己理解)を基盤に、自らの追求しつつある目標を確立、明確化するとともに、目標達成に向けて自発的、自律的に自らの行動を決断、実行する力です。 

4 児童・生徒指導のイメージ図

5 栃木県いじめ防止基本方針

   平成25年9月に施行された「いじめ防止対策推進法」に基づき、「栃木県いじめ防止基本方針」を策定しました。なお、本基本方針は、国の基本方針を踏まえ、いじめ対策推進法が示すいじめ対策を県として着実に実践することを宣言するものです。

 栃木県いじめ防止基本方針(PDF:399KB)

 

6 児童・生徒指導関連の指導資料

(1)児童・生徒指導に関する基本資料

 

ア  平成29年度栃木県児童・生徒指導の基本方針(PDF:85KB)

 

  本県における平成29年度の児童・生徒指導の基本になるものです。

イ  児童・生徒指導の充実を目指して 

児童・生徒指導の在り方や具体的内容について、解説したものです

ウ 場に応じた適切な判断力を育てるための指導・援助の在り

  平成16年度児童・生徒指導推進委員会協議のまとめです。

エ 望ましい人間関係を構築する能力を育成するための指導・援助の在り方  

    平成17年度児童・生徒指導推進委員会協議のまとめです。

オ 学校に求められるこれからの児童・生徒指導」-児童・生徒指導が機能する学校体制づくり-

  平成18・19年度児童・生徒指導推進委員会協議のまとめです。

カ 学校に求められるこれからの児童・生徒指導」-発達課題の視点からみた児童・生徒指導の評価について-

    平成20・21年度児童・生徒指導推進委員会協議のまとめです。

※各学校で利用するためのWordファイル

(2)暴力問題に関する資料

ア 暴力行為を予防するための方策について

  平成15年度児童・生徒指導推進委員会協議のまとめです。

(3)いじめの問題に関する資料

ア  「いじめ」の理解と対応〔改訂版〕(平成24年12月)(PDF:10,127KB)

各学校において、いじめ根絶への取組を一層推し進めるための教師用指導資料です。いじめの問題の組織的対応や児童生徒自らがいじめを解決できる力の育成など学校における対応の基本を示しています。

「いじめ」の理解と対応(平成19年9月)(PDF:9,928KB)

イ  「いじめ」の理解と対応〔改訂版〕に関する校内研修資料(PPT:2,186KB)

ウ  いじめの問題への取組に関する点検票の活用  

  学校の指導体制を見直すためのい じめの問題への取組に関する点検票です。

エ いじめをしない子に育てるために

児童生徒及び保護者用リーフレットです。

オ いじめの早期発見、早期対応

保護者・地域用リーフレットです。

カ 栃木県立学校(県立高等学校、県立高校附属中学校、県立特別支援学校)ネットパトロール事業

 栃木県では、ネットいじめや事件・犯罪被害等から生徒を守り、県立高等学校、県立高校附属中学校、県立特別支援学校における有害サイト(非公式学校サイト)を早期発見・早期対応するために、有害サイトの検索・監視・削除依頼代行等を専門業者に委託する事業を開始しました。

 ◆ネットいじめやネット上での誹謗中傷についての「ネットいじめ相談」はこちらから(外部リンク)

(4)不登校問題に関する資料

ア 不登校の解消に向けた方策について 

    平成14年度児童・生徒指導推進委員会協議のまとめです。

イ 不登校状況調査の結果及び指導資料

  県内の公立小、中学校すべてを対象に、不登校になる要因や不登校児童生徒への各学校の対応等について平成22年9月に調査し、その結果をもとに作成した資料です。

(5)中途退学に関する資料 

ア 「生徒一人一人の適応感を高めるために」 -中途退学の未然防止に向けた中学校・高等学校の取組-(PDF:6,039KB)

 中途退学の未然防止に向けた中学校・高等学校の取組を一層推し進めるための教師用指導資料です。中途退学の対策としての3つの手立てや中学校・高等学校で実践されている有効な15の取組事例などを紹介しています。

(6)携帯電話等に関する資料

ア 児童生徒の携帯電話について 

児童生徒の携帯電話の学校内での取り扱いについての方針です。 

イ 情報モラル育成のためのデジタルコンテンツ(外部リンク)

栃木県総合教育センター(外部リンク)研究調査部が作成した情報に関する資料です。

ウ 情報モラル指導資料「ネットトラブル事例とその予防」について

 児童生徒のネットトラブルに関する事例と情報モラルの育成に向けた指導資料や未然防止の取組などを掲載した資料です。

エ 保護者向け啓発資料「親子でチェック 安心・安全インターネット」(小1・小2用)(PDF:2,073KB)

  保護者向け啓発資料「親子でチェック 安心・安全インターネット」(小6・中3用)(PDF:2,244KB)

 児童生徒のネットトラブルに関する事例、インターネットの不適切な利用による健康面及び学習面への影響、インターネットの適切な利用に向けた家庭での注意点などを掲載した保護者向けの資料です。

(7)危機管理に関する資料 

ア 危機管理マニュアル作成資料

児童・生徒指導に関する危機管理マニュアル作成のための資料です。 

(8)学業指導の充実に向けて

ア 「学業指導」教職員用リーフレット(PDF:1,339KB)

  平成21年1月に作成した「学業指導」の教職員用リーフレットです。

イ 学業指導の充実に向けて(PDF:9,415KB)

  平成23年度に作成した「学業指導」の充実に向けた教職員のための指導資料です。

(9)児童・生徒指導体制に関する資料

ア 「スクールソーシャルワーカー活用ガイドブック」について

 スクールソーシャルワーカーの効果的な活用に向けて、スクールソーシャルワーカーの役割や校内体制の在り方、ケース会議の持ち方等を示すとともに、スクールソーシャルワーカーの活用が有効であった事例を掲載した資料です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

学校教育課 児童生徒指導推進室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南別館3階

電話番号:028-623-3359

ファックス番号:028-623-3399

Email:gakkou-kyouiku@pref.tochigi.lg.jp