ホーム > 教育・文化 > スポーツ > スポーツ・レクリエーション > 生涯スポーツ > 全国体力・運動能力、運動習慣等調査 > 平成20年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査の結果について

ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

平成20年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査の結果について

全 体

  •  小学校男女、中学校男女で共通して握力、上体起こし、反復横とび、20メートルシャトルラン、持久走(男子1500メートル、女子1000メートル)が全国の結果と比較して高いが、立ち幅とび、50メートル走は全国の結果と比較して低い。
  •  体力合計点が全国の結果と比較して小学校男子がやや低いものの、小学校女子、中学校男女は高い。
  •  肥満傾向の出現率が全国の結果と比較して高い。
  •  小学校男女において、平日における授業以外での運動・スポーツ実施時間帯で始業前が全国の結果と比較して低い。 
  •  小学校男女、中学校男女で共通して1日のテレビ視聴時間が全国の結果と比較して高い。

小学校男子

  •  握力、上体起こし、反復横とび、20メートルシャトルランの4種目において全国の結果より高い。
  •  体力合計点が全国の結果と比較してやや低いが、総合評価のA段階の数値は高い。
  •  1日の運動・スポーツ時間において「30分未満」と「2時間以上」の割合が全国の結果と比較して高い。

小学校女子

  •  握力、上体起こし、反復横とび、20メートルシャトルラン、ソフトボール投げの5種目において全国の結果と比較して高い。
  •  体力合計点が全国の結果と比較して高く、総合評価のA段階とB段階の数値も高い。
  •  1日の運動・スポーツ時間において「2時間以上」の割合が全国の結果と比較して高い。

中学校男子

  •  握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、20メートルシャトルラン(または1500m走)の5種目が全国の結果と比較して高い。
  •  体力合計点が全国の結果より高いが、A段階の数値がやや低い。
  •  運動部に加入している割合が全国の結果と比較して高い。
  •  運動・スポーツの実施状況において、ほとんど毎日と答えた割合が全国の結果と比較して高い。

中学校女子

  •  握力、上体起こし、反復横とび、20メートルシャトルラン(または1000メートル走)の4種目が全国の結果と比較して高い。
  •  体力合計点が全国の結果より高く、総合評価A段階とB段階の数値も高い。
  •  運動部に加入している割合が全国の結果と比較して高い。
  •  運動・スポーツの実施状況において、ほとんど毎日と答えた割合が全国の結果と比較して高い。 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

スポーツ振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南別館2階

電話番号:028-623-3416

ファックス番号:028-623-3411

Email:sports@pref.tochigi.lg.jp

広告