ここから本文です。

更新日:2013年3月31日

体力向上実践事業

栃木県の児童生徒における体力の現状と課題

栃木県の児童生徒の体力は全国的な傾向と同様に、体力水準が高かった昭和60年頃と比較すると、依然として低い水準が続いています。これまでの取組により中学生及び高校生では緩やかに向上していますが、小学生では横ばいの傾向がみられます。
そして全国に比べ、平日に授業以外で運動・スポーツをしている児童(小学5年生)の割合が低いとともに、小学生から高校生までほとんどの段階で「走・跳・投」の基礎的な運動能力が低い状況にあります。神経系の発達が著しい小学生までの時期に、自由に体を動かすような外遊びや、多様な動きをつくる運動の経験が十分でなく、基本となる体の動きが身に付いていない児童が多いと考えられます。
運動やスポーツを日常化し、各種の運動を発達の段階に応じ適切に行わせることによって、活力ある生活を支え、たくましく生きるための体力の向上を図ることが重要です。

平成24年度協力校における取組事例

h24tokorono_photo1

 h24mikamo_photo1

平成23年度協力校における取組事例

長なわ跳び

 タイヤ跳び

平成22年度協力校における取組事例

なわ跳び

 持久走


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

スポーツ振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南別館2階

電話番号:028-623-3414

ファックス番号:028-623-3411

Email:sports@pref.tochigi.lg.jp