ここから本文です。

更新日:2017年8月9日

保護事業への取り組み(2)

 杉並木保護のため、管理団体の栃木県では「日光杉並木街道保存管理計画」を定めて様々な事業に取り組んでいます。

杉並木オーナー制度

オーナー制度とは・・・

 杉並木保護に賛同された方に並木杉を1本1千万円で購入していただくものです。代金は栃木県が日光杉並木街道保護基金で運用し、その運用益で並木杉の樹勢回復や杉並木保護の普及啓発などの保護事業を実施しています。

 並木杉は文化財であるため、伐採などはできませんが、購入いただいた後、オーナーの方が買い戻しを希望される場合は、栃木県がいつでも1本1千万円で買い戻しいたします。 

オーナー制度の仕組み

    オーナー制度仕組み図

 オーナーの状況(平成29年3月末現在)

   561本の杉に423名のオーナーがいらっしゃいます。

   集合表示

 

 

 

 

 

 

 

 

集合表示板 杉並木公園(日光市瀬川)      

申込み等について

   オーナー契約の申込みは随時受け付けています。

 オーナー契約を希望される方、制度についての質問等は、お気軽に下記までお問い合わせください。

 

 


  〈〈〈前のページへ   目次へ    次のページへ〉〉〉

お問い合わせ

文化財課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南別館5階

電話番号:028-623-3421

ファックス番号:028-623-3426

Email:bunkazai@pref.tochigi.lg.jp