ホーム > 栃木県議会 > 本会議 > 本会議 > 平成30年度栃木県議会 > 平成30年度栃木県議会  第354回通常会議

ここから本文です。

更新日:2019年3月12日

平成30年度栃木県議会  第354回通常会議

  • 平成30年度栃木県議会第354回通常会議が、2月18日から3月12日まで開かれました。
  • 開会日には、「平成31年度栃木県一般会計予算」(第1号議案)など36件の予算関係議案のほか、「病院及び診療所の人員及び施設に関する基準等を定める条例の制定について」(第18号議案)など23件の議案及び報告1件が上程され、福田知事から提案説明がなされました。 
  • そのうち、「栃木県教育委員会委員の任命同意について」(第30号議案)の人事案件は、委員会付託を省略して直ちに採決が行われ、原案のとおり可決されました。また、第20号議案及び第28号議案については、人事委員会に意見照会がなされました。
  • 次に、議員提出の「天皇陛下御在位三十年に関する賀詞奉呈決議」(議第17号)について、委員会付託を省略して直ちに採決が行われ、原案のとおり可決されました。 
  • 2月20日、22日及び25日には、代表質問及び一般質問が行われ、とちぎ自民党議員会議員6名、民主市民クラブ2名、公明党栃木県議会議員会、県民クラブ及び日本共産党栃木県議団の議員各1名の計11名が登壇し、質疑・質問を行いました。
  • 2月25日の質疑・質問終了後には、予算関係議案が予算特別委員会に、その他の議案が所管常任委員会に付託されました。また、新たに議会に提出された請願・陳情2件が、所管常任委員会に付託されました。
  • 3月5日には、予算特別委員会総括質疑が行われ、とちぎ自民党議員会委員2名、民主市民クラブ、公明党栃木県議会議員会、県民クラブ、さわやか未来クラブ及び静和の会の委員各1名の計7名が登壇し、平成30年度補正予算関係議案に関する質疑等を行いました。
  • 翌3月6日にも、予算特別委員会総括質疑が行われ、とちぎ自民党議員会委員5名、民主市民クラブ2名、公明党栃木県議会議員会、県民クラブ、さわやか未来クラブ及び静和の会の委員各1名の計11名が登壇し、平成31年度予算関係議案に関する質疑等を行いました。 
  • 最終日の3月12日には、予算特別委員会及び所管常任委員会に付託していた「平成31年度栃木県一般会計予算」(第1号議案)など未採決議案58件について審査報告がなされた後、「第1号議案 平成31年度栃木県一般会計予算に対する修正動議」が提出され、当該動議の趣旨説明や討論が行われました。採決の結果、第1号議案に対する修正案は否決され、第1号議案は原案のとおり可決されました。また、その他の未採決議案57件については、全ての議案が原案のとおり可決されました。
  • 請願・陳情については、一部討論を経て7件の採決が行われ、不採択2件及び継続審査5件となりました。
  • 次に、「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について」(追第1号議案)など4件の議案が追加上程され、知事から提案説明がなされました。
  • そのうち、「栃木県教育委員会教育長の任命同意について」(追第2号議案)及び「栃木県教育委員会委員の任命同意について」(追第3号議案)の人事案件は、委員会付託を省略して直ちに採決が行われ、いづれも原案のとおり可決されました。
  • 次に「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について」(追第1号議案)及び「工事請負契約の変更について(栃木県防災行政ネットワーク再整備工事)」(追第4号議案)は生活保健福祉委員会に付託され、本会議を暫時休憩して審査が行われました。その後、本会議において採決が行われた結果、 いづれも原案のとおり可決されました。  
  • 続いて、議員提出の「栃木県議会委員会条例の一部改正について」(議第18号)及び「栃木県議会会議規則の一部改正について」(議第19号)について、委員会付託を省略して直ちに採決が行われ、いづれも原案のとおり可決されました。
  • 最後に、「児童虐待防止対策の更なる強化を求める意見書」(議第20号)など意見書5件について、委員会付託を省略し、一部討論を経て採決が行われた結果、いずれも原案のとおり可決され、今通常会議の全日程を終了しました。    

お問い合わせ

県議会事務局 議事課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎議会議事堂2階

電話番号:028-623-3761

ファックス番号:028-623-3755

Email:gikai@pref.tochigi.lg.jp