ホーム > 栃木県議会 > 議長・副議長 > 議長・副議長紹介、あいさつ

ここから本文です。

更新日:2016年3月30日

議長・副議長紹介、あいさつ

 

第104代栃木県議会議長

第111代栃木県議会副議長

小林議長 若林副議長
  小林 幹夫(こばやし みきお)   若林 和雄(わかばやし かずお)
  鹿沼市   下野市

 

小林 幹夫 第104代栃木県議会議長あいさつ

小林議長2

 

この度、会派を超えて多くの議員の皆様からの御推挙をいただき、第104代の栃木県議会議長に就任することができました。身に余る光栄であり、皆様に心から感謝を申し上げます。

今後は、県議会議長として、これまで諸先輩方が築いてこられた栃木県議会の歴史と伝統を踏まえ、公正かつ円滑、そして活気にあふれる議会運営を目指し、全力で取り組んで参る所存であります。

さて、目下の喫緊の課題であります「地方創生」でありますが、新年度は、「とちぎ創生15戦略」による本格的な取組が3年目を迎え、これまでの取組で生み出してきた地方創生の潮流をより確かなものとし、更なる深化を図っていく年であります。

また、今年は、来月からのプレDC、8月の第2回山の日記念全国大会、11月の「とちぎ技能五輪・アビリンピック2017」など、県民の力を結集し、「とちぎの力」を全国にPRする絶好の機会となるイベントが数多く開催されます。

私は、このような重要な時期に議長に就任することを誇りに感じるとともに、多くの県民の皆様の負託に応えるべく、県政の発展のため、全力を尽くしてその任に当たって参る所存であります。 

私はこれまでの地方議員活動の中で、県民の医療福祉の向上に心を砕いて参りましたが、長年医療に携わる身として、県民の平均寿命の延伸、健康長寿、この点については、引き続き取り組んで参りたいと考えております。

また本県は「ものづくり県」としての地位を確かなものとし、1人当たりの県民所得が全国5位の「豊かな県」へと成長して参りましたが、まだまだ発展できる県です。

知事、執行部と一丸となって、2年目を迎える「とちぎ元気発信プラン」に掲げた施策を着実に推進し、「選ばれるとちぎ」「魅力あふれるとちぎ」づくりに向け頑張っていきたいと考えています。

皆様方の温かい御支援と御協力を賜りますよう心からお願い申し上げまして、議長就任のあいさつとさせていただきます。

平成29年3月23日  栃木県議会議長  小林  幹夫

 

お問い合わせ

県議会事務局

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎議会議事堂2階

電話番号:028-623-3753

ファックス番号:028-623-3755

Email:gikai@pref.tochigi.lg.jp

広告