ホーム > 栃木県議会 > 議員名簿 > 各会派の主張 > とちぎ自民党議員会の主張

ここから本文です。

更新日:2018年5月2日

とちぎ自民党議員会の主張

私たち「とちぎ自民党議員会」は、31議席を有する県議会最大会派です。県内各地で活動する同志が、県民の皆様の声に耳を傾け地域の課題をしっかりと把握しながら政策立案・政策提言を行い、責任会派としての「実行力」を発揮してまいります

平成30年度は、「選ばれるとちぎ」を掲げる福田富一知事の4期、2年目に編成した予算を展開し、「とちぎ元気発信プラン」「とちぎ創生15(いちご)戦略」の更なる推進・加速を図りながら、本県の目指すべき将来像に向け、少子高齢化・人口減少などの諸課題に的確に対応し、「人も地域も真に輝く 魅力あふれる元気な“とちぎ”」の実現につなげていく重要な時期であると考えています

本県の持つ強みを更に磨き上げ、選択と集中を図りながら無限の可能性に果敢にチャレンジし、「県民力」を高め、持続的な県勢の発展に努めていかなければなりません

そのため、とちぎ自民党議員会は、次のことを進めてまいります

 

【県内経済対策の強化】

◇先端ものづくり産業の振興を図るとともに、IoTの導入支援、関西圏における情報発信力の強化や販路拡大のための「大阪センター」の開設、次世代への技能五輪レガシーの継承と若者のUIJターン雇用対策の強化などにより、本県経済の更なる活性化を図ります。
◇今年4月に本番を迎えたDC(デスティネーションキャンペーン)や、地域の観光資源を活かすためとちぎ版DMO(デスティネーション・マネージメント・オーガニゼーション)の形成を積極的に支援することで国内外から戦略的に観光誘客を図り、オール栃木体制で万全を期して取り組みます。また、アフターDCやその先を見据えた、本県の持続的な観光振興に向けて取り組みます。
◇東京圏に近接し、東北道、北関東道、圏央道などによる交通の要衝としての地理的優位性を生かした戦略的な企業誘致や産業団地の整備などにより、雇用の創出を図ります。
◇東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、いちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会を見据えながら、「とちぎ版文化プログラム」に基づく各種事業の実施により、本県文化の底上げと地域の活性化を図るとともに、人々を魅了する本県の豊富な地域資源を効果的に発信するなどにより、「選ばれるとちぎ」を目指し、ブランド力の強化に戦略的に取り組みます。

 

 【安全・安心な地域社会づくり】

◇社会資本の防災・減災対策や公共的避難所等建築物の耐震化など、円滑な公共事業の推進により、災害に強い県土づくりを進めます。
◇橋梁、トンネル、学校、庁舎などの老朽化が進む中、県民の安全・安心を確保する観点から、「栃木県公共施設等総合管理基本方針」に基づき、公共施設の保全・長寿命化を計画的に推進します。
◇高輝度標識・標示等や信号機の新設・改良など交通安全施設の更なる充実、特殊詐欺撲滅対策の強化、自転車事故防止対策、警察官の増員などにより、全国一犯罪・交通事故の少ない安全・安心なとちぎづくりを進めます。

 

 【保健・医療・福祉の環境改善】

◇住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される、地域包括ケアシステム“とちぎモデル”の確立を図ります。
◇今年度から県が共同保険者となる国民健康保険の安定的な運営を図るとともに、上記システムの構築や救急医療体制の充実、ICTを活用したヘルスケアの推進、高齢者の生きがいづくりなどにより、健康長寿日本一とちぎの実現を図ります。
◇障害及び障害者に関する理解を深め、障害者差別を解消するための取組強化や、障害者の自立支援などにより、障害者が住みやすい環境づくりを進め、共生社会の実現を図ります。

 

 【農林業の振興】

◇スカイベリーをはじめとする本県産農産物のブランド力強化や園芸大国とちぎづくり、農産物の輸出促進、新たな主力品目の生産拡大などにより、本県農業が力強く、魅力ある産業へ発展するための支援を行います。
◇議員提案により制定された「栃木県県産木材利用促進条例」の施行や「とちぎの元気な森づくり県民税」の延長を踏まえて、とちぎの健全な森づくりを推進し、生産から消費までの連携強化、公共施設、住宅等へのとちぎ材の需要拡大・利用促進、高性能林業機械、木材加工流通施設等の整備支援に努め、本県林業・木材産業の成長産業化を図ります。
◇農林業における後継者育成や、新規参入も含めた幅広い就業支援などにより、意欲ある就業者を確保し、さらには野生鳥獣被害対策の推進を図ります。

 

 【教育・子育て環境の充実】

◇小学校での35人学級の推進、教員の資質向上・適正配置、県立学校施設長寿命化など、ソフト、ハード両面における学習環境を整備するとともに、学校教育活動における安全確保・危機管理を徹底し、未来を担うとちぎっ子の学力向上と教育の充実を図ります。
◇結婚支援の更なる充実強化、待機児童の解消等に向けた保育所、認定こども園等の整備・運営支援、子どもの居場所づくりなどにより、とちぎで安心して結婚や妊娠・出産、子育てができる切れ目のない支援体制等の整備を着実に進めます。

 

  県民の皆様には、私たち「とちぎ自民党議員会」の活動にご理解とご協力を賜り、あわせてご意見やご提案をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

県議会事務局 政策調査課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎議会議事堂2階

電話番号:028-623-3772

ファックス番号:028-623-3755

Email:gikai@pref.tochigi.lg.jp