○栃木県子ども総合科学館条例
昭和六十三年三月二十九日
栃木県条例第三号
栃木県子ども総合科学館条例をここに公布する。
栃木県子ども総合科学館条例
(設置)
第一条 児童の健全な育成を図るため、科学及び科学技術(以下「科学」という。)に関する知識の普及及び啓発を行う施設並びに児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第四十条に規定する児童厚生施設として、栃木県子ども総合科学館(以下「科学館」という。)を宇都宮市に設置する。
(事業)
第二条 科学館は、次に掲げる事業を行う。
一 科学についての資料及び装置の展示に関すること。
二 プラネタリウム及び天文台の利用に関すること。
三 児童厚生施設としての利用に関すること。
四 前三号に掲げるもののほか、その目的を達成するために必要な事業
(利用時間及び休館日)
第二条の二 科学館の利用時間及び休館日は、規則で定める。
(平一七条例四八・追加)
第三条から第五条まで 削除
(平二〇条例五六)
(行為の制限)
第六条 科学館において次の各号に掲げる行為をしようとする者は、知事の許可を受けなければならない。
一 物の販売又は頒布をすること。
二 案内、写真の撮影、物の貸付け等で営利を目的として行う行為をすること。
三 工作物を設置すること。
四 展示会、興行その他これらに類する行為をすること。
五 集会を開催すること。
六 募金その他これに類する行為をすること。
(遵守事項)
第七条 科学館を利用する者は、科学館の利用に当たつては、知事が別に定める事項を守らなければならない。
(指定管理者による管理)
第八条 知事は、科学館の管理を法人その他の団体であつて知事が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。
(平一七条例四八・全改)
(業務の範囲)
第九条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。
一 科学館の施設の維持管理に関すること。
二 科学館の運営に関すること。
三 前二号に掲げる業務に附帯する業務を行うこと。
(平一七条例四八・全改)
(利用料金)
第九条の二 科学館の展示物を観覧するため科学館に入館しようとする者は、観覧料を指定管理者に支払わなければならない。
2 科学館の遊具を利用しようとする者は、当該利用に係る料金(以下「遊具利用料」という。)を指定管理者に支払わなければならない。
3 前二項の規定にかかわらず、国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)第二条に規定するこどもの日における第一項の観覧料及び遊具利用料(以下「利用料金」という。)は、無料とする。
4 利用料金は、別表に掲げる基準額に〇・五を乗じて得た額から当該基準額に二・〇を乗じて得た額までの範囲内において、指定管理者が定める。この場合において、指定管理者は、あらかじめ当該利用料金について知事の承認を受けなければならない。
5 指定管理者は、利用料金をその収入として収受する。
(平二〇条例五六・追加)
(利用料金の免除等)
第九条の三 指定管理者は、あらかじめ知事の承認を受けて定めた基準により、利用料金の全部又は一部を免除し、又は還付することができる。
(平二〇条例五六・追加)
(規則への委任)
第十条 この条例に定めるもののほか、科学館の管理に関し必要な事項は、規則で定める。
附 則
(施行期日)
1 この条例は、昭和六十三年四月一日から施行する。ただし、第三条から第七条までの規定は、次項の規則で定める日から施行する。
(供用開始)
2 科学館の展示物及び施設は、規則で定める日から観覧及び利用に供するものとする。
(昭和六三年規則第七号で昭和六三年五月三日から施行)
(栃木県児童会館設置、管理及び使用料条例の廃止)
3 栃木県児童会館設置、管理及び使用料条例(昭和四十年栃木県条例第四十一号)は、廃止する。
附 則(平成元年条例第一五号)
この条例は、平成元年四月一日から施行する。
附 則(平成九年条例第五号)抄
(施行期日)
1 この条例は、平成九年四月一日から施行する。
附 則(平成一一年条例第九号)抄
(施行期日)
1 この条例は、平成十一年四月一日から施行する。
附 則(平成一二年条例第一八号)
この条例は、平成十二年四月一日から施行する。
附 則(平成一七年条例第四八号)
この条例は、平成十八年四月一日から施行する。
附 則(平成二〇年条例第五六号)
この条例は、平成二十一年四月一日から施行する。
附 則(平成二二年条例第一一号)
この条例は、平成二十二年四月一日から施行する。
附 則(平成二五年条例第七三号)抄
(施行期日)
1 この条例は、平成二十六年四月一日から施行する。
附 則(平成三一年条例第四号)抄
(施行期日)
1 この条例は、平成三十一年十月一日から施行する。

別表(第9条の2関係)
(平20条例56・全改、平22条例11・平25条例73・平31条例4・一部改正)
区分
大人
小人
観覧料の基準額
展示室
1人につき
普通利用券
530円
220円
年間利用券
3,130円
1,030円
プラネタリウム
1人1回につき
220円
100円
遊具利用料の基準額
自転車
1人1時間につき
220円
100円
ミニ機関車
1人1回につき
220円
100円
備考
1 「小人」とは、満4歳以上の幼児、小学校の児童及び中学校の生徒をいう。
2 「普通利用券」とは、1日の利用をすることができる利用券であつて、年間利用券以外のものをいう。
3 「年間利用券」とは、1年間随時に利用をすることができる利用券をいう。