トップへ総合くらし・環境教育・文化・スポーツしごと・産業ご意見・募集とちぎを楽しむ救急医療防災
県政Q&A 相談窓口 部局別検索 電子申請・届出等 施設ガイド リンク サイトマップ Google
     
くらし・環境 > 自然環境 > とちぎの自然環境 > レッドデータブックとちぎ > 常緑広葉高木林
検索結果詳細

検索アイコン 奥日光地域の自然植生

【群落】
オオシラビソ群落、カラマツ群落、コメツガ群落、シラビソ群落、ウラジロモミ群落、ツガ群落、オオバヤナギ群落、ダケカンバ群落、ハイマツ群落、ミネヤナギ群落、ミヤマハンノキ群落、イッポンミズゴケ群落、ヒメミズゴケ群落、ホソミズゴケ群落、ミカヅキグサ群落、ズミ群落、ホザキシモツケ群落、ヌマガヤ群落、オオアゼスゲ群落、ヤチダモ群落、ハルニレ群落、ブナ群落、ミズナラ群落、ヒメミズゴケ群落
【選定理由】
A、B、D
【カテゴリー区分(保全状態)】
劣悪
【写真】
奥日光地域の自然植生
日光戦場ヶ原逆川流入地近辺のシラカンバ低木林
【市町村】
日光市
【主な群落とその特徴】
 この地域の自然植生は、高山帯、亜高山帯、山地帯の森林群落、戦場ヶ原の湿原植生とその周辺に発達する渓畔林群落に よって特徴づけられる。高山帯の植生は日光白根山、男体山、太郎山、女峰山の各山頂部のハイマツ(一部)、ダケカンバ、 ミヤマハンノキ、ミネヤナギの各低木群落からなるが、本州中部山岳地帯と比較して規模は貧弱である。そのほか、ガンコ ウラン、ツツジ科の矮性低木からなる風衝矮性低木群落、高山草原が見られる。亜高山帯の森林植生は、オオシラビソ、シ ラビソ、コメツガの各群落で特徴づけられる。この地域は、太平洋型から日本海型への推移帯にあたり、両型の植生の特徴 が見られる。太平洋型の亜高山帯下部を代表するコメツガ群落の発達、コケ型林床の存在、日本海型の林床植生を代表する チシマザサ、クマイザサの優占、日本海型植生を特徴づける針葉樹林のオオシラビソ群落の発達などである。山地帯の森林 植生は、ミズナラ、ブナの各群落、カラマツの人工造林地を主とする群落からなる。林床にはミヤコザサやスズタケなどの 太平洋型のササが優占すること、ブナ林の分布範囲が限られ(中禅寺湖南東側)、内陸型のミズナラ群落が優占していること で特徴づけられる。戦場ヶ原内の湿原植生は、ズミ低木林、カラマツ林、ササ草原、イヌコリヤナギ低木群落、ホザキシモ ツケ群落、ヨシ群落、草本群落(イネ科、高茎草本)、湿原植物群落が分布する。湿原植物群落は中間湿原(ヨシ−オオアゼ スゲ−ヒメミズゴケ群落、オオアゼスゲーヌマガヤ群落など)がもっとも広く、高層湿原(ヌマガヤ−イボミズゴケ群集など)、 低層湿原(ヨシ−オオアゼスゲ群落など)は面積的にはより狭い。渓畔林のハルニレ群落は西ノ湖、千手ヶ浜、逆川の河川 沿いの氾濫源、扇状地の平坦地など肥沃な沖積土の湿潤土に成立する。
【県内の現状と保全上の問題点】
 この地域でのシカ食害が植生に及ぼす影響と、戦場ヶ原における乾燥化促進について言及する。奥日光、白根山地域の自 然植生へのシカ食害の影響は1992年以降顕著になった。シカ食害の影響は以下の点にまとめられる。1)嗜好性植物の消失、 草本はアヤメ、ノハナショウブ、コオニユリ、コバノギボウシ、イブキトラノオ、カラマツソウ、ハクサンフウロ、チダケ サシ、木本はレンゲツツジ、ウラジロモミ、キハダ、マユミ(長谷川 1994、1996)、ササ類は戦場ヶ原より千手ヶ原および 中禅寺湖南岸で顕著である。ササ類の選択的な食害が認められ、ミヤコザサ−チマキザサ複合体、オクヤマザサ、ミヤコザ サは顕著な食害を受けているが、クマイザサ、ナンブスズ、スズタケはほとんど食害を受けていない(小林・濱道 2001)。 シカの越冬地に近く、積雪の少ない場所に生育するスズタケはほとんど消滅した。また、食害影響の少ない種にはホザキシ モツケ、一部のアザミ類などがある、また2)不嗜好性植物の増加(ハンゴンソウ、マルバダケブキ、シロヨメナ、バイケ イソウ、イケマ)(長谷川 1996)、および3)木本実生の更新促進(Nomiya et al. 2003)などがあげられる。  日光のシカ集団は「日光・利根地域個体群」と呼ばれ(小金澤 1998)、栃木県北西部から群馬県北東部にかけて県境を超 えて分布しており、合計で11,900頭に達する。そのうち足尾、奥日光、表日光は20頭/に達する高密度分布地域にあたる。 このようなシカ個体群の分布域の拡大と個体数増加は59豪雪(1984)以降に生じたものと考えられている。その要因として、 暖冬による越冬可能地域の拡大、越冬地での死亡率低下、新しい越冬地への進入と急激な個体数増加がある。また背景とし て、捕食者の絶滅によるシカ個体数制御機能の欠如、食料であるミヤコザサの繁茂による潜在的環境収容力の増加、大規模 鳥獣保護区の設定による狩猟圧の地域的・政策的減少が考えられている(Koganezawa and Angeli 1998)。  戦場ヶ原の乾燥化促進については、戦場ヶ原自体は男体火山の1万3千年前の噴火活動による軽石流の堆積により古戦場ヶ原湖が埋まり、その後御沢などからの土砂供給により湿原が陸化しつつあるもので、長い時間スケールでは湿性遷移系列の 途上にあると理解できる。しかし、近年の「乾燥化」は人為的に引き起こされた要因を含んでおり、「乾燥化促進」として前 者と区別されている。乾燥化促進に関しては以下の@〜Bの要因があげられる。@河川から湿原への土砂の流入・堆積 戦 場ヶ原北東部の逆川から湿原へ土砂が流入堆積し、湿原の陸化を促進している。また土砂の堆積程度に応じた植生の帯状構 造(ズミ、イヌコリヤナギ、ヨシの各群落)の形成がみとめられる(Hukushima et al. 1986, 1997)。A湿原への流入、河川か らの農業用水の取水 湿原の涵養水源である逆川から戦後になって戦場ヶ原東側開拓地(約77ha)への農業用水の引き込み が行われ、一部は防火用水路として湿原内に再び戻されているものの、多くは戦場ヶ原を迂回し湯川へ排水されている。 1990年の調査によれば、戦場ヶ原東側開拓地への唯一の水供給源である逆川の流量(0.201/s)の約40%が農業用水として 引き込まれ、その内の60%(逆川の流量の25%)が戦場ヶ原に戻されず農業排水路を通じて湯川に排出されている(国立公 園協会 1991)。B湿原内の人工溝の設置による排水 戦場ヶ原湿原南部の赤沼茶屋から湯川沿いにかけての湿原に昭和初 期から10年代にかけてカラマツ植林が行われた際に掘られた排水溝により湿原から湯川へ水が排水されたことによる(長谷 川 1982)。実際は、溝周辺では地下水位が低下しズミの成長促進に影響していたが (福嶋・風間 1985、福嶋 1988)、そ れ以外の湿原内部ではカラマツの成長が悪く、排水溝設置が特に乾燥化に及ぼした影響は見られない(長谷川 1982)。その 後、1974年に湯川に流入する5つの溝に排水調節堰が設置された(長谷川 1982)。また、戦場ヶ原縦断道路(国道120号線) の設置と道路沿い側溝からの水の排出があげられる。大正から昭和にかけてカラマツ植林が行われた際に掘られた溝による もので、ここは地形的には逆川の扇状地の末端部に位置し、Aの場所と異なり現在は砂礫の多い乾燥地となっておりカラマ ツの成長は極めてよい。
【参考文献】
長谷川順一 1982 栃木県の植生と花 栃の葉書房 鹿沼
長谷川順一 1994 鹿により荒廃する日光の自然 フロラ栃木 3:1-10
長谷川順一 1996 鹿の食害による奥日光のササの枯死 フロラ栃木 5:23-29
長谷川順一 2001 小田代原の鹿食害発生前の群落組成の一例 フロラ栃木 10:45−47
福嶋司・風間祐子 1985 日光国立公園 日光戦場ヶ原の乾燥化に関する生態学的研究(1) 小林晶教授退官記念論文集 大分 p.229-250
福嶋司 1988 日光国立公園 日光戦場ヶ原の乾燥化に関する生態学的研究II 湿原内に派生した流路が植生分布に及ぼす影響 植物地理・分類研究 36(2):102-112
Hukushima, T.・Kershaw, K. A. and Takase, Y. 1986 The impact on the Senjogahara ecosystem of extreme run-off events from the river Sakasagawa river on the Senjogahara ecosystem, Nikko national park I Vegetation and its relationship to flood damage. Ecological Research 1:279-292
Hukushima, T. and Yoshikawa, M. 1997 The impact of extreme run-off events from the Sakasagawa river on the Senjogahara ecosystem, Nikko national park W Changes in tree and understory vegetation distribution patterns from 1982 to 1992. Ecological Research 12:27-38
小林幹夫・濱道寿幸 2001 奥日光・小田代原南側山地林におけるササ類の生態とニホンジカによる選択的食害 宇都宮大学農学部演習林報告 37:187-198
国立公園協会 1991 栃木県委託平成2年度日光戦場ヶ原湿原保全対策調査報告書−気象・水文等の調査− 国立公園協会 東京
小金澤正昭 1998 県境を越えるシカの保護管理と尾瀬の生態系保全 林業技術 680:19-22
Koganezawa, M. and Angeli, C. B. 1998 Sika deer management in Nikko National Park, Japn-Current Status and Future Direction-.
TWS WDMWG newsletter 5(4):10-11
久保田秀夫・松田行雄・波田善夫 1978 日光戦場ヶ原の植物 栃木県
宮地信良(編) 1995  奥日光自然ハンドブック 自由国民社 東京
Nomiya, H.・Suzuki, W.・Kanazashi, T.・Shibata, M.・Tanaka, H. and Nakashizuka, T. 2003 The response of forest floor vegetation and tree regeneration to deer exclusion and disturbance in a riparian deciduous forest, central Japan. Plant Ecology 164:263-276
大久保達弘 印刷中 第2章 植物群落の現状 日光戦場ヶ原 「自然保護のための植物群落モニタリング−群落 RDB 10年後の変貌−」 自然保護協会 東京
薄井宏 1972 植生 栃木県の動物と植物編纂委員会(編) 栃木県の動物と植物 下野新聞社 宇都宮 p.7-28
【執筆者】
大久保達弘
■ 栃木県庁 〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20
All Rights Reserved,Copyright(C)2000.Tochigi Prefecture
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。