トップへ総合くらし・環境教育・文化・スポーツしごと・産業ご意見・募集とちぎを楽しむ救急医療防災
県政Q&A 相談窓口 部局別検索 電子申請・届出等 施設ガイド リンク サイトマップ Google
     
くらし・環境 > 自然環境 > とちぎの自然環境 > レッドデータブックとちぎ > ナスヒオウギアヤメ
検索結果詳細

検索アイコン ナスヒオウギアヤメ

【和名】
ナスヒオウギアヤメ
【学名】
Iris setosa var. nasuensis
【植物】
種子植物
【科名】
アヤメ科
【写真】
ナスヒオウギアヤメ
撮影:黒磯市 酒井芳男
【RDBカテゴリー(栃木県)】
絶滅危惧T類(Aランク)
【RDBカテゴリー(環境省)】
絶滅危惧U類
【分布域】
分布域
【選定理由】
絶滅危惧、局地分布、タイプロカリティ、環境省掲載種。
【形態と生態】
多年草。ナスヒオウギアヤメはヒオウギアヤメによく似ている が、花茎の長さは1mあまり、葉の幅も2〜3cm、外花被片も幅広く、全体的に 大きい。殊に内花被片はすみれ色で長さ2〜2.5cm、上部の幅は4.5〜5mm、中 部3mm、下部は4mmくらいである。花期は5月中旬〜6月。染色体数2n=約54で 果実は結ばない。
【生育環境】
日当たりのよい貯水池や水田用水路の周辺。
【分布状況】
県内:那須町、黒磯市。
【生育地の現状】
一樅の水田用水路と樋沢の池周辺には多数生育している。樋 沢地区では村づくりの一貫として、各自が栽培したものを持ち寄って植え付 けた。現在は管理され、見事な群落が作られている。元々あった地であり、 本種の一つの維持方法を提示している。
【生存への脅威】
用水路改修、管理放棄。
【特記事項】
別名ナスノヒオウギアヤメ。
【執筆者】
星 忠直
■ 栃木県庁 〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20
All Rights Reserved,Copyright(C)2000.Tochigi Prefecture
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。