トップへ総合くらし・環境教育・文化・スポーツしごと・産業ご意見・募集とちぎを楽しむ救急医療防災
県政Q&A 相談窓口 部局別検索 電子申請・届出等 施設ガイド リンク サイトマップ Google
     
くらし・環境 > 自然環境 > とちぎの自然環境 > レッドデータブックとちぎ > ツキヨタケ
検索結果詳細

検索アイコン ツキヨタケ

【和名】
ツキヨタケ
【学名】
Omphalotus guepiniformis
【類】
担子菌類
【目】
ハラタケ目
【科名】
キシメジ科
【写真】
ツキヨタケ
【RDBカテゴリー(栃木県)】
準絶滅危惧(Cランク)
【RDBカテゴリー(環境省)】
VU
【分布域】
分布域
【選定理由】
12 環境省掲載種。
【形態と生態】
子実体は樹上生、半円形〜扇形で、通常傘 の横に太短い柄をもつ。中〜比較的大型。傘は径10cm内 外。表面は鱗片状、はじめ黄褐色のち紫褐色〜暗紫色と なり、湿っている時蝋をひいたような鈍い光沢をもつ。 柄は倒木の真上に生えている場合には傘の中心に付く。 ひだの付け根と柄の境目には低い環状の隆起(つば)が ある。肉は厚く、白色、柄の基部では暗紫色に着色。ひ だは白色、発光性があり暗黒中で多少黄色味を帯びた淡 い光を放つ。夏〜秋、ブナその他の広葉樹の枯木上に多 数群がって生える。
【生育環境】
ブナ林。
【分布状況】
県北部。
【生育地の現状】
自然状態。
【生存への脅威】
森林伐採やスキー場造成などの開発行為。
【特記事項】
日本で中毒例の最も多い毒きのこである。
【文献】
今関六也・本郷次雄編著.1987.原色日本新菌類図 鑑T.保育社,大阪. 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄編/解説.1988.日 本のきのこ.山と渓谷社,東京. 環境庁編.2000.改訂・日本の絶滅のおそれのある 野生生物−レッドデータブック−9 植物U(維管束 植物以外).自然環境研究センター,東京.
【執筆者】
長沢栄史
■ 栃木県庁 〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20
All Rights Reserved,Copyright(C)2000.Tochigi Prefecture
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。