トップへ総合くらし・環境教育・文化・スポーツしごと・産業ご意見・募集とちぎを楽しむ救急医療防災
県政Q&A 相談窓口 部局別検索 電子申請・届出等 施設ガイド リンク サイトマップ Google
     
くらし・環境 > 自然環境 > とちぎの自然環境 > レッドデータブックとちぎ > カヤクグリ
検索結果詳細

検索アイコン カヤクグリ

【和名】
カヤクグリ
【学名】
Prunella rubida
【目】
スズメ目
【科名】
イワヒバリ科
【写真】
カヤクグリ
撮影:志賀陽一
【RDBカテゴリー(栃木県)】
準絶滅危惧(Cランク)
【RDBカテゴリー(環境省)】
【分布域】
分布域
【選定理由】
ごく限られた環境に生息しており、分布も局 地的で個体数が少ない。
【形態】
全長14cmで、スズメくらいの大きさの小鳥。頭や 上面は茶褐色で、胸から腹は灰黒色。
【分布】
日本固有種。四国、本州、北海道の亜高山帯から 高山帯で繁殖する。冬期は全国的に見られる。
【生息環境および生態】
亜高山帯上部の低木林や高山帯の ハイマツ林などで繁殖する。巣は、低木の枝上に細かい 枝やコケ、羽毛などを用いてつくる。「チリリ、チリリ」 と鈴の音のような澄んだ声で囀る。冬期は、平野部から 低山帯の藪や低木林に漂行する。
【栃木県における生息状況】
日光連山や那須連山などの亜 高山帯上部の低木林や高山帯のハイマツ林で繁殖するが、 少ない。冬期は、平野部から低山帯の藪や低木林に生息 する。
【生存への脅威】
差し迫った脅威はないが、分布が高山に 限定されているため、火山の噴火や気候変動によって、 生息環境が悪化する可能性も否定できない。
【執筆者】
遠藤孝一
■ 栃木県庁 〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20
All Rights Reserved,Copyright(C)2000.Tochigi Prefecture
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。