トップへ総合くらし・環境教育・文化・スポーツしごと・産業ご意見・募集とちぎを楽しむ救急医療防災
県政Q&A 相談窓口 部局別検索 電子申請・届出等 施設ガイド リンク サイトマップ Google
     
くらし・環境 > 自然環境 > とちぎの自然環境 > レッドデータブックとちぎ > アブラハヤ
検索結果詳細

検索アイコン アブラハヤ

【和名】
アブラハヤ
【学名】
Phoxinus lagowskii steindachneri
【目】
コイ目
【科名】
コイ科
【写真】
アブラハヤ
栃木県産 撮影:石川裕之・坂 亮介
【RDBカテゴリー(栃木県)】
要注目
【RDBカテゴリー(環境省)】
【分布域】
分布域
【選定理由】
水温が低く、水質の良好な環境に生息するこ とから環境指標種と位置づけられる。
【形態と生態】
標準体長は10cmである。粘液の分泌が多く、 体全体が細長く尾柄が長いのが特徴である。鱗が小さく、 横列鱗数が多い。また、体の中央を走る側線は完全であ る。体色は黄褐色ないし緑色を帯びた灰褐色で、頭部か ら尾鰭基部にかけての背中線上と体側中央の黒い縦条が 明瞭である。2年で成魚となり、春から初夏にかけて、淵 や平瀬の砂泥または砂礫のところに産卵する。ふ化後、 流れのゆるやかなところの岸近くの表層に集まり群れを つくる。成長すると中層、低層へと移り、流れの速いと ころへと行動する範囲を広げる。
【生息環境】
ヤマメのすむ河川の上流の渓流域から中流域 が主な生息域で、護岸がコンクリートで固められたよう な河川改修の行われた細流や半自然水路(農業用水路な ど)にも生息していることがある。
【分布状況】
東日本を中心に分布している。日本海側は青 森県から福井県にかけて、また太平洋側は青森から瀬戸 内の岡山付近まで分布している。
【生息地の現状】
県北部から西部にかけての山岳地帯山麓 および八溝山地山麓の丘陵地の河川上流域、県央、県南 西部の丘陵地の細流上流域にも分布している。
【生存への脅威】
県央・県南の平野部では、河川及び周辺 の開発による湧水の減少などにより、生息環境の悪化が 心配される。
【執筆者】
小川浩昭
■ 栃木県庁 〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20
All Rights Reserved,Copyright(C)2000.Tochigi Prefecture
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。