トップへ総合くらし・環境教育・文化・スポーツしごと・産業ご意見・募集とちぎを楽しむ救急医療防災
県政Q&A 相談窓口 部局別検索 電子申請・届出等 施設ガイド リンク サイトマップ Google
     
くらし・環境 > 自然環境 > とちぎの自然環境 > レッドデータブックとちぎ > ナベブタムシ
検索結果詳細

検索アイコン ナベブタムシ

【和名】
ナベブタムシ
【学名】
Aphelocheirus vittatus
【目】
カメムシ目
【科名】
ナベブタムシ科
【写真】
ナベブタムシ
栃木県塩谷町
【RDBカテゴリー(栃木県)】
準絶滅危惧(Cランク)
【RDBカテゴリー(環境省)】
【分布域】
分布域
【選定理由】
 生息環境が限られる。生息地の環境が悪化している。
【形態と生態】
 体長8.0〜9.5mmで短翅型。体の表面は黄褐色の地に暗褐色の斑紋があるが、頭部を除き全体が暗褐色となるものもある。栃木県では後者が多い。前胸背板の側角は鈍角で先端が丸味を帯びる。しばしば飛翔可能と思える長翅型が出現する。近縁のトゲナベブタムシ A. nawae は体がやや大きく、前胸背板の側角は鋭角で先端が尖り、各腹節の後側角も鋭く後方に突出するので本種と区別できる。
 渓流の水底にすみ、カワゲラ、カゲロウ、トビケどの幼虫を捕まえて体液を吸う。溶存酸素を利用する能力を持つので、全生活環を水中で過ごすことができる。
【生息環境】
 河川清流域の川底の細礫の中に潜っている。容存酸素量の多い平瀬に多く生息する。
【分布状況】
 本州、四国、九州に分布する。栃木県では那須町、藤原町、大田原市、矢板市、塩谷町、馬頭町、今市市、鹿沼市、粟野町から記録されている。
【生存への脅威】
 河川開発、河川改修、水質汚濁。さらに、水中の酸素濃度が低下すると本種は生息しにくくなる。
【特記事項】
 埼玉県(準絶滅危惧)。トゲナベブタムシは愛知県以西の本州と九州に分布し、栃木県には分布しない。
【執筆者】
 香川清彦
■ 栃木県庁 〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20
All Rights Reserved,Copyright(C)2000.Tochigi Prefecture
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。