重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2017年9月1日

ここから本文です。

とちぎの三国志「山車人形」まつり

とちぎの三国志「山車人形」まつり

  <実施団体>  とちぎの三国志「山車人形」まつり実行委員会

  <開催日>    ①平成29年10月22日(日)、②平成29年10月28日(土)~平成29年10月29日(日)

  <会場>     ①東京日本橋・京橋中央通り、②栃木市蔵の街大通り

  <助成額>    1,000,000円

  <連携方法>

     【文化に係る「ジャンル」間の連携】      文化財、伝統芸能

     【文化と「他分野」の枠を超えた連携】 なし

     【「地域」の枠を超えた連携】              栃木市、東京都日本橋・京橋地域(観光振興の連携)

  <事業目的>

        「東京日本橋・京橋まつり」内で、栃木県指定有形民俗文化財である三国志山車人形の巡行を行い、栃木市や栃木県の

     知名度をアップする。

        また、来年開催の「とちぎ秋まつり」及び「デスティネーションキャンペーン」のPRも行い、国内や海外(特に台湾

     ・中国等)から観光誘客し、地域経済の活性化を図る。

  <事業内容>

        ①東京日本橋・京橋まつり(三国志山車人形の巡行等) [10/22 東京都内]

        ②蔵の街ふるさとまつり(山車の展示等) [10/28,29 栃木市]

  <期待される効果>

       国内・海外から多くの来場者が見込まれる「東京日本橋・京橋まつり」において三国志山車人形を巡行することで、翌週

     開催される「蔵の街ふるさとまつり」に多くの観光客が見込まれる。

     さらに、「蔵の街ふるさとまつり」においては、御囃子などの市伝統芸能を国内外に広くPRすることができる。

  <レガシーの創出・継承>

       伝統を守る担い手不足が課題となっているが、若い世代に山車人形の価値を認識させることで、後継者育成や伝統技術の

     継承につながっていく。

  <beyond2020プログラム等の認証取得状況>

       beyond2020プログラム認証取得済み

       【分野】    国際化/多言語社会  

       【対象者】 外国人・その他・そのエリアの居住者  

       【取組】    [外国人対応] 当日会場で配布するパンフレットについて、英語版・中国語版・日本語版を

                          それぞれ作成する。

  <参考リンク先>

        ・栃木市観光協会公式HP(外部サイトへリンク)

        ・日本橋・京橋まつり公式HP(外部サイトへリンク)

 

    sangokushimatsuri(JPG:782KB)

    

お問い合わせ

県民文化課 文化振興担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:bunka@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告