重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 教育・文化 > 文化・伝統 > 文化・芸術 > 栃木県文化振興基金助成事業について > ローカルプロジェクトモデル事業について > 足利伝統芸能 「和の響 八木節もうで」「和の舞 幽玄の美」【実施結果】

更新日:2019年2月27日

ここから本文です。

足利伝統芸能 「和の響 八木節もうで」「和の舞 幽玄の美」【実施結果】

足利伝統芸能 「和の響 八木節もうで」「和の舞 幽玄の美」

  <実施団体>  特定非営利活動法人 両毛伝統文化芸能振興会 足利ぶんか倶楽部

  <実施期間>  平成30(2018)年9月16日(日)、平成30(2018)年12月2日(日)

  <会場>     県指定文化財・旧木村輸出織物工場(助戸公民館ホール)

  <助成額>    1,000,000円

  <連携方法>

     【文化に係る「ジャンル」間の連携】      伝統芸能、文化財

     【文化と「他分野」の枠を超えた連携】 伝統芸能、国際交流、地域振興、観光

     【「地域」の枠を超えた連携】              足利市、佐野市、桐生市

  <事業目的>

     足利市の郷土芸能である八木節のほか、雅楽や筝曲などの日本の伝統芸能に触れてもらい、関心を高めてもらう。

  <事業内容>

     県指定文化財・旧木村輸出織物工場(助戸公民館ホール)を会場に以下の公演を実施。

       ①和の響 八木節もうで

          ・八木節を音楽という視点で捉え、コーラス・吹奏楽・ダンスなど、多角的な表現の公演。

          ・地元中高生による「こども伝統芸能演奏会」の実施。

       ②和の舞 幽玄の美

          ・等身大の日本人形を操る人形芝居「人形舞」、雅楽、筝曲、呈茶などの伝統芸能。

  <成果>

     ・八木節を単調な繰り返しではなく、様々な音色やパフォーマンスで表現したことで、伝統芸能の新たな形が発見出来た。

     ・県指定文化財を会場とすることで、来場者に地元の身近な歴史・文化を認識してもらうきっかけとなった。

     ・英語版チラシを作成し、広く呼び掛けた結果、多くの外国人の方に、足利市の伝統文化に触れてもらうことが出来た。

 

     

 

     

 

     

 

     

 

     

 

お問い合わせ

県民文化課 文化振興担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:bunka@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告