重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 教育・文化 > 文化・伝統 > 文化・芸術 > 栃木県文化振興基金助成事業について > ローカルプロジェクトモデル事業について > 鹿沼 春の彫刻屋台まつり ~400年の歴史 例幣使街道を歩く~【実施結果】

更新日:2020年6月18日

ここから本文です。

鹿沼 春の彫刻屋台まつり ~400年の歴史 例幣使街道を歩く~【実施結果】

鹿沼 春の彫刻屋台まつり ~400年の歴史 例幣使街道を歩く~

<実施団体>  鹿沼秋まつり実行委員会

<実施期間>  令和元(2019)年5月3日(金・祝)

<会場>      例幣使街道、まちの駅 新・鹿沼宿

<助成額>    1,000,000円

<連携方法>

     【文化に係る「ジャンル」間の連携】      伝統芸能、文化財、歴史、音楽、ダンス

     【文化と「他分野」の枠を超えた連携】  観光、地域振興

     【「地域」の枠を超えた連携】               なし

<事業目的>

 ユネスコ無形文化遺産である「鹿沼秋まつり」のダイジェスト版を企画し開催することで、本市への誘客促進と文化歴史的資源のPR、地域活性化を図る。

<事業内容>

 アフターDCの特別企画として、「鹿沼秋まつり」のダイジェスト版とともに市民活動も取り入れて、市全体で祭りを盛り上げ、来場者におもてなしを行った。
①23台の彫刻屋台による「揃い曳き」、お囃子の競演「ぶっつけ」
②市民パレード(いちご屋台、いちごみこし)
③地域に伝わる郷土伝統芸能の特別公演
④例幣使街道周辺に残る史跡の紹介、クイズラリー
⑤「いちごフェア」開催 

<成果>

・ユネスコ登録の鹿沼秋まつり、文化財の彫刻屋台を市県外へPRすることができた。

・地元住民や市民団体の協働連携による、市全体の文化活動の活性化に寄与することができた。

・郷土に残る伝統芸能の継承に寄与することができた。

 

 鹿沼 春の彫刻屋台1  鹿沼 春の彫刻屋台まつり2

鹿沼 春の彫刻屋台まつり3

お問い合わせ

県民文化課 文化振興担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:bunka@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告