重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2020年6月3日

ここから本文です。

「歌麿の愛したまち とちぎ」プロジェクト【実施結果】

「歌麿の愛したまち とちぎ」プロジェクト

<実施団体>  歌麿を活かしたまちづくり協議会

<実施期間>  令和元(2019)年9月上旬~令和2(2020)年2月23日(日・祝)

<会場>      蔵の街とちぎ(栃木市 蔵の街大通り周辺)、東京都江東区(深川江戸資料館)

<助成額>    450,000円

<連携方法>

     【文化に係る「ジャンル」間の連携】      芸術、伝統的文化

     【文化と「他分野」の枠を超えた連携】  なし

     【「地域」の枠を超えた連携】               栃木市、東京都江東区

<事業目的>

 江戸時代の浮世絵師 喜多川歌麿の肉筆画「女達麿図」等3点が栃木市ゆかりの旧家から発見され、肉筆画大作「深川の雪」「品川の月」「吉原の花」も栃木の豪商の依頼で制作されたと伝えられている。歌麿ゆかりの地としてその業績を讃えるべく、歌麿の作品や足跡を活かしたイベントを開催し、歌麿と栃木の関わりを市内外に発信することで、栃木市の文化振興を図る。 

<事業内容>

 「歌麿」を通じて、「人」「地域」「作品」の交流を図るため、散策ツアーや作品展を開催した。
 ①「歌麿の愛したまちとちぎ」散策ツアー
 ②深川江戸資料館での「歌麿」作品展の開催
 ③栃木の街中での「歌麿」と「芭蕉」作品展の開催
 ④歌麿夢芝居深川公演 (歌麿に関する創作劇を「歌麿ゆかりの地」である深川(東京都江東区)で公演)

<成果>

・研修部会員による案内で歌麿ゆかりの地を巡り、学芸員による解説など、参加者に歌麿と栃木の関わりを知っていただくことができた。

・栃木市と江東区の人・地域・文化の交流が深まり、互いの地域を訪れる契機となった。

歌麿1 歌麿2

お問い合わせ

県民文化課 文化振興担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:bunka@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告