重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2020年8月20日

ここから本文です。

戦後75周年企画「島守の塔」平和発信事業

戦後75周年企画「島守の塔」平和発信事業

<実施団体> 映画「島守の塔」製作委員会

<実施期間> 令和2(2020)年9月19日(土)

<会場>     栃木県総合文化センターメインホール

<助成額>    860,000円

<連携方法>

     【文化に係る「ジャンル」間の連携】      音楽、平和教育、映画

     【文化と「他分野」の枠を超えた連携】  地域振興

     【「地域」の枠を超えた連携】               沖縄県、兵庫県

<事業目的>

 戦後75年の節目に、沖縄戦と本県出身の荒井退造(沖縄県民の疎開に尽力)とのつながりをPRし、本県と兵庫・沖縄の3県の交流を深めるとともに、平和を発信する。

<事業内容>

○「音楽」沖縄の伝統芸能エイサー

  栃木エイサーシンカ琉和が出演し、太鼓踊りと三線を披露する。

○「荒井退造の生涯をたどる」

  沖縄県民の疎開に尽力した、本県出身の荒井退造の人となりを学芸員等が解説する。

○映画「島守の塔」監督 五十嵐匠 氏による基調講演

  荒井退造、戦中最後の沖縄県知事・島田叡について、2人の島守の群像を撮影したパイロット映像を交えて講演する。

○トライアングルシンポジウム

  映画「島守の塔」製作委員会委員長の嘉数昇明氏、荒井退造の出身校である宇都宮高校の同窓生の斎藤宏夫氏(元同校校
  長)、島田叡の母校である兵庫高校同窓会理事長の小林正美氏による、「命の尊さ」、「平和の大切さ」を伝えるシンポ
  ジウムを実施する。

<期待される効果>

・栃木県の宝である荒井退造の顕彰を行うことで栃木県の新たな魅力を県内外に広めることができる。
・本事業で若い世代に戦争への理解を広めることができる。

<レガシーの創出・継承>

・本県と兵庫県・沖縄県の3県の交流により相互の関係性が強くなる。
・当日の様子を新聞紙面で展開し、後世に平和教育を伝えるツールとする。

<beyond2020プログラム等の認証取得状況>

 beyond2020プログラム認証取得予定

       【分野】    地域性

       【対象者】 子ども、高齢者

       【取組】    〈外国人対応〉外国語表記のパンフの用意  

    

お問い合わせ

県民文化課 文化振興担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:bunka@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告