重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2020年6月18日

ここから本文です。

安足 彩の歳時記

安足 彩の歳時記(あんそく いろどりのさいじき)

<実施団体> 特定非営利活動法人 両毛伝統文化芸能振興会 足利ぶんか倶楽部

<実施期間> 令和2(2020)年 秋~冬 ~ 令和3(2021)年3月

<会場>  足利市内、佐野市内

<助成額>    1,000,000円

<連携方法>

     【文化に係る「ジャンル」間の連携】      伝統芸能、有形文化財、地域の伝統文化、芸術

     【文化と「他分野」の枠を超えた連携】  観光、教育、地域振興、国際交流、歴史

     【「地域」の枠を超えた連携】               足利市、佐野市

<事業目的>

 有形文化財と伝統芸能・美術・音楽などの芸術を絡め、両毛地域を中心とした地域の日本文化の普及振興をするとともに、若い世代の伝統芸能演奏家の発表の場を設ける。

<事業内容>

四季ごとに伝統芸能・伝統音楽を公演する。

・銘仙で彩る木村ハルヨ二胡演奏会

・田中正造が見た名月 生田流山田流筝曲演奏会

・ホリ・ヒロシ人形舞の世界 「幽玄の美」

・乙女文楽と語り 「小俣伝説 笛吹き坂」

<期待される効果>

・伝統芸能・関連分野の講演会と学生邦楽演奏会を併催することで魅力的な事業とすることができる。
・佐野足利両市はもともと1つの地域だったことを認識し、将来的に両毛地区の伝統芸能およびその他多分野にわたる活性化が見込める。

<レガシーの創出・継承>

・子どもの和楽器演奏を通して、若者の伝統芸能の活動を多くの市民の方に認知いただくことで、伝統芸能へのサポートにつながる。
・プロによる伝統芸能の演奏に触れることで、来場者はもとより演奏に参加する学生にとって、自分でもやってみたいというきっかけになり、後継者の育成に貢献できる。

<beyond2020プログラム等の認証取得状況>

 beyond2020プログラム認証取得済

       【分野】    地域性、創造性

       【対象者】 子ども、高齢者、外国人、そのエリアにお住まいの方

       【取組】  〈外国人対応〉英語表記のパンフレット作成、市内在住外国人への英語版チラシの配布、

                外国人教育関係者の事業への招待

    安足 彩の歳時記チラシ2

お問い合わせ

県民文化課 文化振興担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:bunka@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告