重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2020年10月23日

ここから本文です。

排水管の点検や洗浄の勧誘に注意!

全国の消費生活センター等に、排水管等の洗浄サービスに関する相談が多く寄せられています。事業者の突然の訪問やチラシをきっかけとしたトラブルがみられます。
少しでも不安に思ったり、トラブルになった場合は、早めにお近くの消費生活センター等にご相談ください。
◆消費者ホットライン 局番なしの「188番(いやや!)」(最寄りの消費生活センター等をご案内します。)

詳しくは、「排水管の点検や洗浄の勧誘にご注意!」(国民生活センター)(外部サイトへリンク)をご確認ください。

〈相談事例〉

  1. 自宅に突然事業者が訪問し、「排水管の無料点検を行っている」と勧誘された。無料なら、と軽い気持ちで点検を依頼したところ、「詰まっている」と高圧洗浄をすすめられ、その場でよく考えないまま契約してしまった。事業者は名刺だけをおいて帰り、契約書もなく信用できる事業者なのか心配になった。代金はまだ支払っていないが、キャンセルできるか。(80歳代 男性)
  2. 「通常3~5万円の高圧洗浄が3,000円」と記載されたチラシが投函されていた。以前、下水管が詰まったことがあったので、電話で事業者を呼んだ。事業者はマンホールを開け、「1mあたり6,000円で8mの作業が必要だ」また、木の根の除去作業も必要だと説明され、料金は2,000円になると言われた。合計5万円は高いと感じたが、了承し作業をしてもらった。後日事業者に費用を支払うことになっているが、やはり高額で納得できない。どうすればよいか。(70歳代 女性)
  3. 高齢の母の自宅に、「近くを回っている」と事業者が訪問した。母が立会いのもとで排水溝を点検した後、「詰まっている。早く高圧洗浄をした方がいい」と説明され、2日後の高圧洗浄を了承した。料金9,800円で契約書面はなく、母は名刺だけを受け取っている。母から相談を受け、インターネットで調べると、不審な事業者だとういう書き込みがあった。また、排水溝を確認すると特に詰まっていないようだ。母は、クーリング・オフを希望しているが、どうすればよいか。(70歳代 女性)

〈皆様へのアドバイス〉

  1. 「無料で点検する」等と勧誘してくる事業者に安易に応じないようにしましょう。
  2. チラシに表示されている料金の条件や内容は慎重に確認しましょう。
  3. 事業者の説明をうのみにせず、必要がない契約はきっぱり断りましょう。

 

 

お問い合わせ

くらし安全安心課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2135

ファックス番号:028-623-2182

Email:seikatsu@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告