重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 令和3(2021)年度上期消費生活相談状況について

2021年12月23日発表

ここから本文です。

令和3(2021)年度上期消費生活相談状況について

(概要)

県内の消費生活センターにおける令和3(2021)年度上期の消費生活相談状況は次のとおりです。

1  令和3(2021)年度上期(令和3(2021)年4月~9月)の相談件数について

・県内の消費生活センターで受け付けた苦情及び問合せ相談の総件数は7,454件

・前年同期から2,068件(21.7%)の減少

2  商品・サービス別の苦情相談について

・苦情相談の上位5位は、「商品一般」798件、「役務その他」353件、「化粧品」287件、「工事・建築・加工」281件、「インターネット通信サービス」277件の順

・「商品一般」は、「架空請求」関連相談の減少で大幅減

・「健康食品」は、「定期購入」関連相談の減少で大幅減

3  特徴的な相談事例について

・光回線をアナログ回線に戻す「アナログ戻し」契約をしたら、月々のサポートサービス契約も付加されていたという相談が年々増加。60歳代から80歳代の相談が多い。

・「魚介類」の電話勧誘に関する相談が50歳代から80歳代に多い。

・「もうけ話(情報商材)」に関する相談が20歳代に多い。

・「オンラインゲーム」に関する相談は19歳以下の男性に集中、「出会い系サイト・アプリ」は20歳代男女共に多い。

・いわゆる「暮らしのレスキューサービス」に関する相談は年代を問わず増加しており、今期は既にほぼ前年度並。

4  消費者へのアドバイス

高齢者の消費者トラブルを防ぐには、家族や周囲の見守りが必要です。

離れて暮らしている場合は、日頃からなるべく頻繁に連絡を取っておき、年末年始等に帰省した際は、不審な書面や、大量の商品、困っている様子等がないか確認するようにしましょう。

お問い合わせ

くらし安全安心課 消費者行政推進室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3244

ファックス番号:028-623-2182

Email:seikatsu@pref.tochigi.lg.jp

とちぎを知る、学ぶ。TOCHIGI Information

バナー広告