重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 防災・安全 > 防犯・交通安全・被害者支援 > 防犯 > 安全で安心なまちづくり > 安全で安心なまちづくり推進条例のあらまし

更新日:2015年10月16日

ここから本文です。

安全で安心なまちづくり推進条例のあらまし

栃木県安全で安心なまちづくり推進条例の制定(栃木県条例第8号)

安全で安心なまちづくりの推進に関し、基本理念を定め、及び県の責務等を明らかにするとともに、安全で安心なまちづくりの推進に関する施策の基本となる事項を定めることにより、安全で安心なまちづくりの推進に関する施策を総合的に推進するため、次のとおり条例を制定することとしました。

1 基本理念(第2条関係)

安全で安心なまちづくりの推進について、次の基本理念を定めることとしました。

(1) 安全で安心なまちづくりは、自主自立の精神及び相互扶助の精神に支えられた良好な地域社会の形成が必要であるという基本的認識の下に推進されること。

(2) 安全で安心なまちづくりは、県、県民、事業者がそれぞれ適切な役割分担の下に、相互に連携を図りながら協力することにより推進されること。


 

 

 

2 県の責務並びに県民及び事業者の役割

(1) 県は、安全で安心なまちづくりの推進に関する施策を総合的に策定し、及び実施する責務を有することとしました。(第3条関係)

(2) 県民は、安全で安心なまちづくりに関する理解を深め、安全の確保に自ら努めるとともに、安全で安心なまちづくりの推進に取り組むように努めるものとしました。(第4条関係)

(3) 事業者は、安全で安心なまちづくりに関する理解を深め、その所有し、又は管理する施設及び事業活動に関し、安全の確保に自ら努めるとともに、安全で安心なまちづくりの推進に取り組むように努めるものとしました。(第5条関係)


 

 

 

3 県と市町村との協力(第6条関係)

県と市町村は、それぞれが実施する安全で安心なまちづくりの推進に関する施策が円滑かつ効果的に推進されるよう、相互に連携を図りながら協力するものとしました。


 

 

4 推進指針(第7条)

知事、教育委員会及び公安委員会は、共同して、安全で安心なまちづくりの推進を図るための指針を定めなければならないこととしました。


 

 

5 安全で安心なまちづくりの推進に関する施策

(1) 県民等に対する支援(第8条関係)
(2) 広報活動等(第9条関係)
(3) 情報の提供(第10条関係)
(4) 調査研究(第11条関係)
(5) 安全教育の充実(第12条関係)
(6) 学校等における児童等の安全対策の推進等(第13条関係)
(7) 通学路等における児童等の安全の確保(第14条関係)
(8) 犯罪の防止に配慮した道路等の普及(第15条関係)
(9) 駐車場の設置者等の努力義務(第16条関係)
(10) 犯罪の防止に配慮した住宅の普及(第17条関係)
(11) 住宅の設計者等の努力義務(第18条関係)
(12) 深夜営業店舗を営む者の努力義務等(第19条関係)
(13) 繁華街における犯罪の防止のための措置(第20条関係)
(14) 犯罪被害者等のための施策(第21条関係)
(15) 犯罪被害者等のための施策への協力(第22条関係)


 

6 施行日

平成17年4月1日

お問い合わせ

くらし安全安心課 生活・交通安全担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2154

ファックス番号:028-623-2182

Email:kurashi@pref.tochigi.lg.jp