重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2022年2月28日

ここから本文です。

「サポート詐欺」についての注意喚起

県内の消費生活センターには、いわゆる「サポート詐欺」(パソコンやスマートフォンでインターネットを使用中に突然「ウイルスに感染している」等の偽警告画面や偽警告音が出て、それらをきっかけに電話をかけさせ、有償サポートやセキュリティソフト等の契約を迫る手口)に関する相談が寄せられています。

最近の相談の状況をみると、契約購入金額の平均金額は年々高額化し、プリペイド型電子マネーによる支払いが増加しています。また、高齢者が被害に遭うケースがみられます。


相談事例
・警告画面や警告音がきっかけで電話したところ、ウイルスの除去費用等を請求された。
・次々に料金の支払いを要求されて、プリペイド型電子マネーで支払ってしまった。
・コンビニの店員に詐欺と気付かされ被害に遭わなかった。


皆様へのアドバイス
・「警告画面や警告音は偽物ではないか?」とまずは疑ってみましょう。警告画面に掲載されている連絡先に電話しないようにしましょう。
・警告画面や警告音が出ても慌てず、自分でパソコン等の状態を確認しましょう。
・自分で判断できない場合は、料金を支払う前に周りの人に相談しましょう。
・支払い方法がプリペイド型電子マネーの場合は相手より早くチャージしたり、発行業者に連絡したりしましょう。支払方法がクレジットカードの場合はクレジットカード会社に相談しましょう。
・不安に思った場合や、トラブルが生じた場合は、最寄りの消費生活センター等へ御相談ください。


◆消費者ホットライン 局番なしの「188」
(お住まいの郵便番号を入力すると、お住まいの市町の消費生活相談窓口が案内されます。)

そのセキュリティ警告画面・警告音は偽物です!「サポート詐欺」にご注意!!【国民生活センター】(外部サイトへリンク)


お問い合わせ

くらし安全安心課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2135

ファックス番号:028-623-2182

Email:seikatsu@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告