重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 催し案内・お知らせ(県政インフォメーション) > 注意 > 災害用の備蓄食品は定期的に入れ替えましょう

更新日:2021年8月20日

ここから本文です。

災害用の備蓄食品は定期的に入れ替えましょう

 災害発生時に備えて、普段から飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておきましょう。1人当たり3日分、大規模災害発生に備えるなら1週間分の備蓄があると良いとされています。
●「賞味期限」はおいしく食べられる期限のことであり、食べられなくなる期限ではありません。適切な消費を心掛け、定期的に確認しましょう。
●日頃から保存性の高い食品を少し多めに買い置きし、賞味期限などを考えながら計画的に使い、新たに買い足す「ローリングストック法」も有効です。

◆消費者ホットライン 局番なしの「188」番
(お住まいの郵便番号を入力すると、お住まいの市町の消費生活相談窓口がご案内されます。)

shinsen400

災害用の備蓄食品は定期的に入れ替えましょう【国民生活センター】(外部サイトへリンク)

災害用の備蓄食品は定期的に入れ替えましょう(PDF)【国民生活センター】(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

くらし安全安心課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2135

ファックス番号:028-623-2182

Email:seikatsu@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告