重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > とちぎ動画 > 県南 > 間々田のジャガマイタ

ここから本文です。

6ch 魅力発見!!栃マップ

県南

間々田のジャガマイタ

竜蛇(りゅうじゃ)信仰の名残を伝える奇祭。田植え前の時期に五穀豊穣・疫病退散を願うもので、毎年5月5日(こどもの日)に小山市間々田で行われます。かつては、旧暦の4月8日の花祭り(お釈迦様の誕生を祝う行事)に行っていました。祭りの主役となるのは子どもたちで、竹やワラ、シダなどで作られた長さ15メートルもある7体の竜頭蛇体(りゅうとうじゃたい)の巨大な蛇(ジャ)を担ぎ、「ジャガマイタ、ジャガマイタ、4月8日のジャガマイタ」という掛け声とともに町内を練り歩きます。「ジャガマイタ」というかけ声は、“蛇が巻いた”や“蛇が参った”が変化したものだとする説があります。

掲載日/2018年7月4日掲載  再生時間/1分11秒

バナー広告