重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 催し案内・お知らせ(県政インフォメーション) > 【栃木県立博物館】テーマ展「昔のこと知ってっけ?~道具を知れば暮らしが見える~」

更新日:2022年11月19日

ここから本文です。

【栃木県立博物館】テーマ展「昔のこと知ってっけ?~道具を知れば暮らしが見える~」

 おおよそ明治時代から昭和時代の中頃にかけて、私たちの暮らしがどのように変わってきたのか、「衣」、「食」、「住」、「遊び」にかかわる道具類とその変化を通して考えてみましょう。
 特に昭和時代の中頃には、著しい科学技術の進展に伴い、たくさんの便利な道具類が登場します。家の仕事にかかる時間は、手作業で行っていた頃に比べて大きく短縮され、余暇を楽しむ余裕も生まれました。しかし、身近な素材を活用し、道具の仕組みや使い方をそれぞれが考え抜き、技を受け継いでいくようなかつての生活には、現代にも役立つ知恵や工夫を見いだすことができます。
 大昔ではないけれど、今とも異なる50年以上前の暮らし。初めて見るもの、なつかしいものを前に、新しい発見があるかもしれません。
【関連行事】
○おじいさんやおばあさんの民話語り
1月14日から3月25日の毎週土曜日 14時30分~15時
※予約不要・要観覧料

R4昔

主催

栃木県立博物館

実施日(期間)

2022年11月26日(土曜日) ~2023年4月2日(日曜日)

9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)

場所

栃木県立博物館
〒320-0865栃木県宇都宮市睦町2-2
電話028-634-1311

(身障者用の駐車場あり、身障者用のトイレあり、オストメイト対応トイレあり)

負担金等

一般260(200)円、高・大生120(100)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金、またはM割料金

詳しくは、栃木県立博物館ホームページをご覧ください。

栃木県立博物館ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

博物館

〒320-0865 宇都宮市睦町2-2

電話番号:028-634-1311

ファックス番号:028-634-1310

Email:hakubutsukan@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告