ホーム > 文化イベント > 第131回企画展「木と木の実の考古学~縄文時代の低湿地遺跡と植物の利用~」【栃木県立博物館】

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

第131回企画展「木と木の実の考古学~縄文時代の低湿地遺跡と植物の利用~」【栃木県立博物館】

展覧会 県央

くぼみ石とクルミ(鹿沼市明神前遺跡出土)鹿沼市教育委員会蔵

栃木県の低湿地遺跡として有名な小山市寺野東遺跡、鹿沼市明神前遺跡などの出土品を中心に、木や木の実などを最大限に有効活用した縄文人のくらしを紹介します。

開催日

  • 2021年10月9日 (土曜日)  ~ 2021年11月23日 (火曜日)
    9:30~17:00

開催場所

栃木県立博物館(宇都宮市睦町2-2)

料金

大人260円(団体200円)
大高生120円(団体100円)
※( )内は20名以上の団体料金

休館日

月曜日(祝日の場合は、翌日)

問い合わせ

栃木県立博物館教育広報課
028-634-1312