ホーム > 文化イベント > リアル(写実) のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと【足利市立美術館】

ここから本文です。

更新日:2022年4月25日

リアル(写実) のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと【足利市立美術館】

展覧会 県南

満田晴穂《一如》2019年 ホキ美術館蔵 満田晴穂《一如》2019年 ホキ美術館蔵

写実表現は洋の東西、古今に限らず追及されてきました。本展は、松本喜三郎らの生人形、高橋由一の油彩画を導入部として、現代の絵画と彫刻における写実表現を検証するものです。

開催日

  • 2022年6月12日 (日曜日)  ~ 2022年7月21日 (木曜日)
    10時00分~18時00分

入館は17時30分まで

開催場所

足利市立美術館(足利市通2丁目14-7)

料金

一般710円(560円)
高校・大学生500円(400円)
中学生以下無料

休館日

毎週月曜日(ただし7月18日は開館)、7月19日(火曜日)

問い合わせ

足利市立美術館
0284-43-3131