ホーム > 文化イベント > 川島理一郎展【足利市立美術館】

ここから本文です。

更新日:2022年4月25日

川島理一郎展【足利市立美術館】

展覧会 県南

川島理一郎《蘭花》1942年 足利市立美術館蔵 川島理一郎《蘭花》1942年 足利市立美術館蔵

足利市出身の画家・川島理一郎(1886-1971)の没後50年を記念する回顧展です。19歳でアメリカに渡った川島はその後パリへ移り、藤田嗣治とともに青春時代を過ごすなど、多くの美術家や文化人とも交流し、自身の創造性を押し広げていきました。本展は、足利から世界に飛躍し、戦後の国内画壇でも活躍した60年にわたる画業を紹介します。

開催日

  • 2022年10月29日 (土曜日)  ~ 2022年12月25日 (日曜日)
    10時00分~18時00分

入館は17時30分まで

開催場所

足利市立美術館(足利市通2丁目14-7)

料金

一般710円(560円)
高校・大学生500円(400円)
中学生以下無料

休館日

毎週月曜日、11月4日(金曜日)、11月24日(木曜日)

問い合わせ

足利市立美術館
0284-43-3131