重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 秋期におけるクマの出没に対する注意喚起について

2020年9月18日発表

ここから本文です。

秋期におけるクマの出没に対する注意喚起について

 今後、秋の行楽等で山林等に入る機会が増える中、今年は、クマの主要な餌となる堅果類(ドングリ)が非常に少なく、クマの出没が晩秋まで続く懸念があることから、一層の注意喚起を実施します。  

 


(堅果類の豊凶状況とクマの出没)
・県が8月から9月にかけて、クマの生息地域において堅果類の豊凶調査を実施したところ、今年は「凶作又は不作」となっています(添付資料1参照)。
・堅果類の豊凶は秋のクマの行動に影響すると言われており、ミズナラやコナラが凶作や不作の年には、クマの出没が晩秋(10月、11月)まで続く傾向があります。
・このため、クマとの遭遇を避けるために、収穫予定の無い柿や栗などの誘引物の除去、人家周辺のヤブの刈払い、クマが出没しにくい環境作りが必要です。
・また、山林等に入る際には、鈴やラジオ等により人の存在をクマに知らせるなど、十分な注意をお願いします(添付資料2、添付資料3参照)。

 

※注意喚起の方法
 県ホームページへの掲載
 市町への通知

お問い合わせ

自然環境課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3261

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp

とちぎを知る、学ぶ。TOCHIGI Information

バナー広告