重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 子育て・福祉・医療 > 医療 > 医療施策 > 新型コロナウイルス感染症後方支援医療機関協力金制度について

更新日:2021年4月30日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症後方支援医療機関協力金制度について

県では、医療ひっ迫時における新型コロナウイルス感染症患者受入病床の対応能力を拡大するため、新型コロナウイルス感染症から回復した患者であって、引き続き入院管理が必要とされる方を受け入れる後方支援医療機関を確保することとし、当該後方支援医療機関を対象とした協力金制度を創設しました。

概要

この制度は、後方支援医療機関として県に登録した医療機関が対象患者の転院受入状況を県に報告することで、その受入状況に応じた協力金を県から後方支援医療機関へ支給するものです。

 資料:栃木県新型コロナウイルス 感染症後方支援医療機関協力金(PDF:568KB)

 手続の流れ:

 1 後方支援医療機関として登録(医療機関→県)

   ※県は登録届の内容をリスト化し、新型コロナウイルス感染症患者入院医療機関へ配布

 2 毎月の対象患者転院受入状況を翌月15日までに報告(医療機関→県)

 3 協力金の算定及び算定額の通知(県→医療機関)

   ※4半期ごとに算定予定

 4 協力金の交付申請(医療機関→県)

 5 協力金の交付決定(県→医療機関)

 6 協力金の請求(医療機関→県)

 7 協力金の支払(県→医療機関)

協力金の支給要件

新型コロナウイルス感染症から回復した後も引き続き入院管理を要する患者(※1)の転院を厚生労働省が定める退院基準(※2)を満たしたことをもって受け入れること。

※1

栃木県新型コロナ警戒度基準における病床使用率(最大確保病床数に対する使用率)の値が15%以上(県版ステージ2.5以上)であること等県内医療のひっ迫状況を総合的に勘案して知事が別に定める期間に受入れを開始した患者

※2

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正)(令和3年2月25日付け健感発0225第1号厚生労働省健康局結核感染症課長通知)(PDF:103KB)

新型コロナウイルス感染症患者(変異株)の退院基準等について(再周知)(令和3年4月30日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡)(PDF:669KB)

支 給 額

転院を受け入れた患者1人につき病床使用日数1日当たり2万円(上限:患者1人当たり20万円)

後方支援医療機関登録届提出期限(第2回目)

令和3(2021)年6月30日(水)
  • 提出先(郵送可)

   〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20 栃木県医療政策課地域医療担当

  • 留意事項

   登録届提出日(到達日)が受入状況報告を要する期間(協力金の対象期間)の起点となります。

※既に第1回目(5月19日まで)に御提出いただいた医療機関は提出不要です。

交付要綱・様式

交付要綱(PDF:128KB)

参考通知等

新型コロナウイルス感染症から回復した患者の転院を受け入れる後方支援医療機関の確保につい て(令和3年5月11日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡)

医療機関等における医療用物資の緊急時への対応について(その6)(令和3年6月9日付け厚生労働省医政局経済課事務連絡)

お問い合わせ

医療政策課 地域医療担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3145

ファックス番号:028-623-3131

Email:tic@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告