重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2022年11月24日

ここから本文です。

コロナ・インフル同時流行注意報

この冬(2022-2023シーズン)は、新型コロナウイルス感染症が今夏以上に拡大し、季節性インフルエンザと同時流行する可能性があります。

今夏の感染拡大時以上に、発熱外来や救急医療のひっ迫が懸念されることから、
11月17日(木曜日)より、「コロナ・インフル同時流行注意報」を発出します。

新型コロナ・インフルエンザの患者発生状況は、以下をご確認ください。

(PDF:170KB)

(PDF:196KB)

日頃からの感染対策はもちろんのこと、発熱等の症状が出てしまった場合の対応方法を確認するなどの事前準備を平時から行っておきましょう。

この冬の新型コロナとインフルエンザの同時流行に備えて

今冬の感染防止対策リーフレット

今冬の新型コロナとインフルエンザの同時流行に備えた対応等についてまとめたリーフレットを作成しましたので、御活用ください。

  • 冬の感染防止対策(栃木県作成)

(PDF:155KB)

 

  • 新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に備えたリーフレット(厚生労働省作成)

(PDF:442KB)

感染が拡大する前のワクチン接種をご検討ください

  • 新型コロナワクチンの接種
    オミクロン株対応ワクチンの接種も開始しています。
        県営接種会場においても、予約受付を行っています。
  • インフルエンザワクチンの接種
    ⇒新型コロナワクチンの接種日に関わらず、いつでも接種可能です。

体調不良時に備え、必要な物の備蓄相談先の確認をお願いします。

発熱等の症状が出た場合、感染症の流行状況によっては、発熱外来に速やかに受診できない場合があります。

万が一に備えて、自宅療養のための備蓄と医療機関や相談先の確認をしておきましょう。

【準備しておくとよいもの】

  • 体温計
  • 薬(常備薬、解熱鎮痛薬  等)
  • 新型コロナ検査キット(「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」と表示されているものに限ります)
    ⇒「研究用」と称するものは、国が承認したものではなく、性能等が確認されていません。
  • 日持ちする食料(5~7日分程度を目安)
  • 近隣の発熱外来の情報
    「医療機関の情報について」のページで、発熱等の症状が出た場合に対応可能な医療機関を紹介しています。

 相談先

まずは、かかりつけ医等お近くの医療機関にお問い合わせください。
連絡が難しい場合は、以下の窓口にご相談ください。

発熱等の症状が出た場合は・・・

受診・ワクチン相談センター
  • 電話番号:0570-052-092(24時間対応)

夜間・休日で受診するか救急車を呼ぶか迷った場合は、以下の窓口にためらわずにご相談ください。 
(対応する時間帯以外は、かかりつけ医や上記連絡先にご相談ください)

  • 子ども<概ね15歳未満>
    とちぎこども救急電話相談  ⇒  #8000 又は 028-600-0099

    (月~土 18時~翌朝8時/日祝 24時間(8時~翌朝8時))
  • 大人<概ね15歳以上>
    とちぎ救急医療電話相談     ⇒  #7111 又は 028-623-3344

    (月~金 18時~22時/土日祝 16時~22時)

罹患後症状(後遺症)にお悩みの場合は・・・

コロナ後遺症相談センター
  • 電話番号:0570-783-383(午後3時から午後9時(土日祝日を含む))

コロナ後遺症相談に対応する医療機関は、「新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(後遺症)について」をご参照ください。

 

お問い合わせ

 栃木県新型コロナウイルス生活相談センター

電話番号:0570-666-983

(受付時間:平日午前9時から午後5時まで)

バナー広告