重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 健康・保健衛生 > 感染症 > 警戒度レベルステージ4「緊急事態宣言」における対応について(令和3(2021)年8月20日~9月30日)

更新日:2021年9月9日

ここから本文です。

警戒度レベルステージ4「緊急事態宣言」における対応について(令和3(2021)年8月20日~9月30日)

【目次】
県の対策医療等|宿泊療養|自宅療養|ワクチン接種|
県民の皆様へ来県を検討している皆様へ事業者の皆様へイベントの開催県民利用施設県立学校飲食店等の皆様へ飲食店等以外の施設の皆様へ

8月20日から警戒度レベルは、緊急事態措置です。

栃木県緊急事態における対策

医療等

入院医療
  • 更なる病床の確保(5/30 448床 → 8/20 461床→目標 500床)
  • 転退院・宿泊療養施設への移行促進

 ▷9/9時点477床+16床)を確保現在
 ▷引き続き、未受入医療機関及び受入医療機関と新増設に向けて協議中

自宅療養者に対する緊急的な医療提供体制の確保
  • 救急医療機関等に対する協力金制度の創設を通じた救急外来診療(診療・検査・酸素投与・点滴・投薬等)の提供

 ▷8/27(金)、8/30(月)に救急告示医療機関(58病院+13診療所)向けに説明会を開催し、協力を依頼済み

重症化の抑止
  • 病院・宿泊療養施設の連携による抗体カクテル療法の推進

 ▷全入院受入医療機関で安定的な在庫管理と速やかな投与を行える体制を確保し、投与を実施中
 ▷9/9時点で抗体カクテル療法専用病床を5保健医療圏の7病院16床確保
 ▷今後、更なる連携体制強化に向けて取り組む

宿泊療養

  • 休止中の宿泊療養施設1施設(県北)の再開及び既存の宿泊療養施設の稼働率の引き上げにより、80人程度の療養者が受入可能
  • 宿泊療養施設2施設(県央地区、県南地区)新たに確保
  • 開設日 9月16日(木):県南地区、9月17日(金):県央地区

  • 宿泊療養施設内に臨時診療所(無床)を設置
    開設日 9月9日(木)(既存の県央2施設)

自宅療養

健康観察

  • 貸し出すパルスオキシメーター 
    約1,000個から約2,200個に増加
  • 保健所の健康観察体制強化
    看護師等の派遣、9月1日から夜間コールセンターを立ち上げ

診療調整

  • 電話診療の継続
  • 往診等体制の構築(県医師会への委託)※宇都宮市において開始、各地域で順次実施
    <委託事業の募集状況>
    医療機関:37医療機関(9/9時点)、訪問看護事業所:33事業所

生活支援

  • 生活必需品の配布の継続
  • 市町における相談窓口設置等の生活支援の複線化
    (市町支援の例)
    生活日用品の配布、パルスオキシメーターの貸し出し、買い物支援等

ワクチン接種

(PDF:74KB)

(PDF:116KB)

(PDF:96KB)

 

※新型コロナワクチンの詳細について、こちらをご覧ください。

県民利用施設

新たな人流を抑制する観点から、これまでの利用制限に加え、以下の施設を休館とする。

緊急事態措置における要請等

県民の皆様へ

県民に対する協力要請

  • 外出自粛
    特に20時以降の不要不急の外出を自粛してください
    ※混雑している時間や場所を避けること
    医療機関への通院食料・医薬品・生活必需品の買い出し必要な職場への出勤屋外での運動や散歩など生活や健康の維持のために必要な場合は除く
    ※外出する場合も極力家族や普段行動をともにしている人と少人数で

(特に飲食の際は)

  • 感染防止対策が徹底されていない飲食店等や休業要請又は営業時間短縮の要請に応じていない飲食店等の利用を厳に控えてください
  • 5人以上の飲食・飲酒やパーティー及びこれに類するものについては自粛してください。
  • 4人以下であっても、普段会わない人との長時間又は酒類を伴う飲食は慎重に判断してください。

詳細については、こちらをご覧ください。

 

〔来県を検討している皆様への協力依頼〕

協力依頼内容

帰省や旅行など、都道府県間の移動については、極力控えるようお願いします。どうしても移動が避けられない場合には、感染防止対策を徹底してください。

 

事業者の皆様へ

事業者に対する協力要請

 職場への出勤について、人の流れを抑制する観点から、以下の主な事項について事業者に要請します。

  • 在宅勤務(テレワーク)の活用や休暇取得の促進等により、出勤者数の7割削減を目指すこと
  • 20時以降の不要不急の外出自粛を徹底することを踏まえ、事業の継続に必要な場合を除き、20時以降の勤務を抑制すること
  • 職場に出勤する場合でも、時差出勤、自転車通勤等の人との接触を低減する取組を強力に推進すること

詳細については、こちらをご覧ください。

 

イベントの開催についての要請【特措法第24条第9項】

県民利用施設の対応について

県立学校での対応について

  • 感染防止対策をこれまで以上に徹底しつつ、時差登校・短縮授業を基本として教育活動を実施する。なお、感染状況によっては、分散登校・オンラインを活用した学習を導入する
  • 感染リスクの高い教育活動は、実施しない
  • 部活動の実施は、週4日以内、平日のみとし、1日90分以内とする
  • 宿泊を伴う活動や校外での活動については、大会等を除き不可とする

※市町立学校でも、感染状況に応じて時差登校・短縮授業・分散登校・オンライン学習等の感染防止対策に努めていただきたい

県立学校での臨時休業の判断(緊急事態宣言下)(PDF:97KB)

  • 学級閉鎖
    ①同一の学級において複数の児童生徒等の感染が判明した場合
    ②1名の感染者が判明し、複数の未診断の風邪等の症状を有する者がいる場合
    ③1名の感染者が判明し、複数の濃厚接触者がいる場合 など
    ※学級閉鎖の期間は、5~7日程度を目安に、学校内での感染の拡大状況等を踏まえて、必要に応じて判断する
  • 学年閉鎖
    複数の学級を閉鎖する場合
  • 学年全体の臨時休業
    複数の学年を閉鎖する場合

県内の学校については、こちらをご覧ください。

飲食店等の皆様へ

○休業要請にご協力いただいた事業者には、協力金を支給

○営業時間短縮の要請にご協力いただいた事業者には、協力金を支給

要請内容への協力状況については、実地により確認する。

飲食店等以外の施設への要請・協力依頼

飲食店等以外の施設(イベント関連施設、イベントを開催する場合がある施設)

飲食店等以外の施設(参加者が自由に移動でき、入場整理等が推奨される施設)

商業施設における入場者の整理等について

飲食店等以外の施設(その他の施設)

※対象施設一覧(PDF:227KB)

【参考】

お問い合わせ

 新型コロナウイルス生活相談センター(平日午前9時~午後5時)

電話番号:028-623-2826

Email:kantai@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告