重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > くらし・環境 > 食生活 > 食品衛生 > 集団給食施設を設置(管理)されている皆様へ

更新日:2020年9月23日

ここから本文です。

集団給食施設を設置(管理)されている皆様へ

「食品衛生法等の一部を改正する法律」(平成30年法律第46号。以下「改正法」という。)が、平成30年6月13日に公布され、また、改正法の施行に伴う関係政省令が令和元年11月7日及び同年12月27日に公布されました。この改正により、追加の手続や新たな衛生管理に取り組んでいただくことになりました。

今後必要となる手続について(給食の実施形態別)

調理業務を外部事業者に委託している集団給食施設 

受託事業者は、令和3(2021)年6月1日までに、通常の営業と同様に飲食店営業の許可を取得しなければなりません。許可を受けるためには施設の基準等を遵守する必要がありますので、詳細については事前に管轄の健康福祉センター(保健所)へ御相談ください。

健康福祉センターの食品衛生窓口一覧

直営の集団給食施設

施設の所在地、名称等について、施設の所在地を管轄する健康福祉センター(保健所)に届出を提出してください(令和3(2021)年6月1日の施行日時点において現に稼働している集団給食施設については、令和3(2021)年11月30日までに届出)。

営業届様式(PDF:141KB) Excel版(エクセル:31KB) 

記入要領(PDF:167KB)

記載要領(説明)(PDF:111KB)

記入例(PDF:172KB)

紙面による届出の受付は現在も行っておりますが、今後は電子システム(食品衛生申請等システム)(外部サイトへリンク)による届出も可能となりますので、そちらの利用も御検討ください。

少数特定の者を対象とする集団給食施設(1回の提供食数が20食未満)

  • HACCPに沿った衛生管理の規定は適用されませんが、「中小規模調理施設における衛生管理の徹底について(外部サイトへリンク)」等を参考に、自主的な衛生管理の徹底及び向上に努めてください。
  • 食品衛生責任者の選任及び上記の営業届出の規定は適用されません。
  • 少数特定の者を対象とした集団給食施設であっても、外部事業者に委託している場合は、受託事業者が飲食店営業の許可を取得してください。

HACCPに沿った衛生管理の実施について

 

食品衛生責任者の選任について

食品衛生責任者には、医師、歯科医師、薬剤師、獣医師、調理師、栄養士等のほか、都道府県知事が行う講習会又は都道府県知事が適正と認める講習会を受講した人を選任してください。講習会の開催予定等については、公益社団法人栃木県食品衛生協会各支部(外部サイトへリンク)に御確認ください。
次のいずれかに該当する方は食品衛生責任者になることが可能です。
1.食品衛生法第30条に規定する食品衛生監視員又は第48条に規定する食品衛生管理者
2.調理師、製菓衛生師、栄養士、船舶料理士、と畜場法第7条に規定する衛生管理責任者若しくは第10条に規定する作業責任者又は食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律第12条に規定する食鳥処理衛生管理者
3.都道府県知事等が行う講習会又は都道府県知事等が適正と認める講習会を受講した者 

お問い合わせ

生活衛生課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3109

ファックス番号:028-623-3116

Email:eisei@pref.tochigi.lg.jp