重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 産業施策 > 産業データ共有・利活用プラットフォーム事業について

更新日:2021年7月5日

ここから本文です。

産業データ共有・利活用プラットフォーム事業について

産業データ共有・利活用プラットフォーム事業について

 全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことで、地域の課題解決と経済発展を両立する”Society5.0社会”の実現に向けて、「データの連携・活用」は我が国の戦略・方向性の核と位置付けられています。
 本県産業界においても各企業や自治体が保有するデータを活用し、現状の可視化や分析、マーケティングの見直し等を行うことにより、本県企業の生産性向上、革新的な製品・サービスの創出並びに、新たな付加価値創出による地域課題解決実現が可能になり、地域全体の経済活性化や、本県産業の競争力向上を期待することができます。
 本事業では、上記背景を踏まえ「企業保有のデータ」、「オープンデータ」、「人流データ」、「SNS等のビッグデータ」等の多様なデータを集積し、相互共有・分析の上データ利活用の有効性を検証すると共に、データ利活用における運用ノウハウの蓄積、課題抽出等に取り組みます。

データ利活用モデルの有用性検証に係る実証実験参加企業を募集します。
(令和3(2021年)7月26日:募集期間を延長しました)

実証イメージ(PDF:475KB)

募集要項(PDF:1,783KB)

別記様式1(質問書)(ワード:29KB)

別記様式2(参加申請書)(ワード:20KB)

 

     

お問い合わせ

産業政策課 次世代産業創造室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3203

ファックス番号:028-623-3167

Email:sangyoshinko@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告