重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 産業施策 > とちぎ未来技術フォーラム > 令和2(2020)年度 とちぎ環境産業振興協議会 第1回環境技術活用促進事業の開催について

更新日:2020年9月24日

ここから本文です。

令和2(2020)年度 とちぎ環境産業振興協議会 第1回環境技術活用促進事業の開催について

 事業概要

 県及びとちぎ環境産業振興協議会では、環境技術活用促進事業として、最新の環境技術動向等について理解を深める「環境技術講演会」及び、環境技術の開発・活用を促進するために研究機関等と企業との交流を図る「環境技術研究部会」を開催します。
 「環境技術講演会」では、今年1月に政府決定され、2050年までの革新的な環境技術の確立を目指す「革新的環境イノベーション戦略」をテーマに、「環境技術研究部会」では、近年深刻化する環境汚染への対策として注目を集めている「生分解性プラスチック」をテーマに、わかりやすく紹介します。
 今後の環境・新素材の技術動向を情報収集する場として、是非本事業を御活用ください。
開催概要(PDF:241KB)

1 日時

令和2(2020)年10月29日(水曜日)13時00分から16時00分

2 会場

栃木県庁 東館4階講堂(宇都宮市塙田1-1-20)

3 主催・実施運営

栃木県、とちぎ環境産業振興協議会

4 内容

  • 環境技術講演会
    「革新的環境イノベーション戦略」について
    講師:経済産業省産業技術環境局エネルギー・環境イノベーション戦略室
        研究開発専門職(エネルギー・環境) 桧森 美里 氏
     「革新的環境イノベーション戦略」は、2050年までにカーボンニュートラルのみならず過去に排出されたCO2をも削減する「ビヨンド・ゼロ」を可能とする革新的な環境技術を目指すものです。
     本講演では、戦略策定の背景や施策について紹介するとともに、戦略の社会実装に向けた取組状況についてご紹介します。
  • 環境技術研究部会
    「生分解性プラスチックの現状と課題」
    講師:群馬大学大学院理工学府分子科学部門 橘 熊野 氏
       ○プラスチックによる環境汚染
     ○自然環境で分解する生分解性プラスチック
     ○製品化されている生分解性プラスチック 
       ○既存の生分解性プラスチックの課題と解決策
  • 講師と参加企業との意見交換

5 定員

50名(先着順)

6 参加費

無料

7 申込方法

以下のリンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を御記入の上、E-mail又はFAXにて申込みください。
申込書(ワード:142KB)

8 申込み・問合せ先

栃木県産業労働観光部工業振興課ものづくり企業支援室
(とちぎ環境産業振興協議会事務局)
TEL:028-623-3249 FAX:028-623-3945
E-mail:eco-pro@pref.tochigi.lg.jp

お問い合わせ

工業振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3249

ファックス番号:028-623-3945

Email:eco-pro@pref.tochigi.lg.jp