重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 産業・しごと > 農業 > 農地・農村 > とちぎ水土里づくりプラン3 > とちぎ水土里づくりプラン2 取組成果報告会の開催について

更新日:2015年8月18日

ここから本文です。

とちぎ水土里づくりプラン2 取組成果報告会の開催について

 平成27年8月11日(火曜日)、県庁東館4階講堂において、『とちぎ水土里づくりプラン2』の取組成果報告会を開催しました。
 『とちぎ水土里づくりプラン2』は、本県の“農業農村整備”と“農村振興”分野の方向性や重点的な取組内容を示す行動計画として平成23年度からスタートし、本年度で計画期間の最終年度を迎えます。
 最終となる今回の取組成果報告会では、各農業振興事務所と農政部各課の職員約100名が参加し、6名の発表者から、プランの実施状況や目標指標の達成状況、また各取組の成果に関する報告が行われました。
  発表された報告のテーマ及び内容等は次のとおりです。

報告テーマ 報告内容 発表部署
(1) とちぎ水土里づくりプラン2の実績・評価と次期プランの展開方向について 11の重点取組における主な活動実績と目標指標の達成状況及び今後の課題等に関する報告

農村振興課
総務企画担当

(2)農業水利施設の計画的かつ効率的・効果的な保全管理 県内農業水利施設の現状と計画的かつ効率的・効果的な保全管理に向けた取組内容についての報告

農地整備課
水利保全担当

(3) 地域の創意と工夫で進める生産基盤の整備 基盤整備を契機とした担い手への農地集積状況と低コスト化・省力化に向けた基盤整備の取組事例等に関する報告 農地整備課
圃場整備担当
(4) 災害防止に向けた整備と支援体制の強化 防災機能の強化を図った農業水利施設の整備事例と、災害時における農地・農業用施設の復旧に向けた支援体制の強化に関する報告 農地整備課
水利保全担当
(5) スマートビレッジモデル研究事業について  本県農村地域の再生可能エネルギーに関する状況とスマートビレッジモデル研究事業の取組内容及び今後の検討事項等についての報告 農村振興課
環境対策担当
(6) 生物多様性の確保の推進  生態系に配慮した施設の検証・評価の結果や補完的対策の実施事例、また、生態系配慮型工法導入マニュアルのポイント等に関する報告

農地整備課
調査計画担当

とちぎ水土里づくりプラン2(栃木県農業農村整備推進計画)


報告会の状況2        報告会の状況1

  

お問い合わせ

農村振興課 総務企画担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-2363

ファックス番号:028-623-2337

Email:noson-sinko@pref.tochigi.lg.jp