重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 豚熱(CSF)に感染した野生イノシシの確認について(県内70,71,72頭目)

2022年1月18日発表

ここから本文です。

豚熱(CSF)に感染した野生イノシシの確認について(県内70,71,72頭目)

 令和4年1月11日(火曜日)及び1月14日(金曜日)に足利市で、1月17日(月曜日)に茂木町で発見された野生イノシシ3頭で豚熱ウイルスの感染が確認されました。

 足利市で感染イノシシが確認されたのは初めてです。

1 状況

  70頭目(捕獲) 71頭目(死亡) 72頭目(捕獲)

発見日

1月11日 1月17日 1月14日
発見場所 足利市五十部町 茂木町鮎田 足利市板倉町
個体情報 成獣、雌 成獣、雌 成獣、雄

 

2 その他

 防疫上の観点から、感染確認付近や養豚場への取材は厳に慎んでいただきますようお願いいたします。

  • 豚熱は豚及びイノシシの病気であり、人に感染することはありません。また、豚熱にかかった豚、イノシシの肉が市場に出回ることはありませんが、仮にかかった豚肉を食べても人体に影響はありません。
  • 県内の全飼養豚に対しては、豚熱ワクチンを継続的に接種していることから、監視対象農場の設定や飼養豚の移動制限等の措置は行いません。
  • 県内の全養豚場に対する消毒の徹底、野生鳥獣の侵入防止対策等の指導を引き続き行い、養豚場での豚熱発生予防に万全を期します。

 

 

お問い合わせ

畜産振興課 家畜防疫班

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2346

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp

とちぎを知る、学ぶ。TOCHIGI Information

バナー広告