重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 県管理道路における予防伐採の実施について

2020年12月15日発表

ここから本文です。

県管理道路における予防伐採の実施について

 

令和2(2020)年度の一般国道120号日光市中宮祠地内における予防伐採の実施について

 令和元年東日本台風等の際の道路閉塞や停電の被害を踏まえ、災害時の倒木等による道路や電線等のライフラインの被害を防止するため、栃木県、東京電力パワーグリッド株式会社、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)が協働して、倒木等のおそれのある樹木の予防的な伐採(予防伐採)を実施します。

1 目的

  • 災害時における円滑な物資等の輸送経路の確保
  • 倒木や落枝による通行車両への事故の未然防止
  • 電線の損傷による停電等の被害の未然防止 

2 実施時期

  • 令和2(2020)年12月14日(月曜日)から (年内完了予定) 

3 実施箇所

  • 一般国道120号の日光市中宮祠地内(中禅寺湖の湖畔)で多くの樹木が電線に影響を与えている箇所

4 実施機関

  • 栃木県(県土整備部道路保全課、日光土木事務所)
  • 東京電力パワーグリッド株式会社(栃木総支社)
  • 東日本電信電話株式会社(NTT東日本)(栃木支店) 

5 予防伐採の概要

  • これまでは、道路管理者は道路構造令に定める建築限界(車道4.5m)内の枝葉まで、電線管理者は架線に直接影響する枝葉までの伐採が原則となっていましたが、予防伐採では、双方がこの範囲を超えた伐採を行うことで、災害時の緊急車両の通行確保や停電防止等を図ります。   

お問い合わせ

道路保全課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2429

ファックス番号:028-623-2431

Email:doro-hozen@pref.tochigi.lg.jp

とちぎを知る、学ぶ。TOCHIGI Information

バナー広告